【皐月賞/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”以上 「一段上のレベルアップに成功」

過去10年、皐月賞で1番人気は【3-1-1-5】。2019年はサートゥルナーリア、20年にはコントレイルが勝利したものの、昨年は1番人気のダノンザキッドが15着に敗れるなど、5頭が馬券外に沈んでいる。

これに代わって台頭するのが7番人気以下の伏兵で、2018年のエポカドーロ、17年アルアイン、16年ディーマジェスティの優勝馬3頭のほか、計9頭が馬券に絡んだ。

印象的だったのが7番人気エポカドーロが勝利した2018年で、2着は9番人気サンリヴァル、3着には9番人気ジェネラーレウーノが入り、3連単は37万円を記録。同年は単勝ひと桁台が5頭と混戦模様で、上位人気馬が互いに牽制し合った結果、先行した3頭を捕らえきれなかった。

今年も突出した人気馬が不在の一戦。強烈な末脚を持つダノンベルーガが1枠、イクイノックスが8枠と極端な枠に入ったことで有力馬が道中無理なくレースを運べば、前がノーマークになる可能性がある。「穴馬」は先行勢に潜んでいると見た。

◆【皐月賞2022予想/穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「明らかに過少評価」

【皐月賞/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「明らかに過少評価」

■ジャスティンパレス

昨年末のホープフルS以来、ぶっつけで挑むジャスティンパレス。その前走では、先に抜け出したキラーアビリティこそ捕まえられなかったものの、最後まで脚を伸ばして勝ち馬に迫っていた。さらに初の関東遠征でややテンションが高くいい位置で競馬ができなかった上、馬体もまだ子供っぽいところを残していることを思えば、力を出し切っていないだけにまだ勝ち馬との勝負付けは済んでいないと見る。底は見せていない。

2番手から抜け出した新馬戦、黄菊賞の勝ちっぷりが良く、スタートを決めて好位に付けられれば最後は渋太く粘り込めるタイプ。長く休んだことで精神面も馬体もパワーアップしており、もう一段上のレベルアップに成功している。

鞍上は皐月賞最多勝騎手のM・デムーロ。牡馬クラシックの勝ち方を知っているジョッキーを背に迎えるのは心強く、それでいながらこのオッズで買えるのはオイシイのひと言。一発を狙ってみたい。

◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後 「波乱の使者となる資格は十分」

【皐月賞/穴ライズ】想定“8人気”前後 「波乱の使者となる資格は十分」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬】イクイノックスは“消し”評価 「不安要素のほうが大きい」

【皐月賞/危険な人気馬】イクイノックスは“消し”評価 「不安要素のほうが大きい」

■皐月賞2022レース結果・SPREADコラム結果

◆【皐月賞2022/レース動画&コラム結果】5番人気ジオグリフがG1初制覇!2着イクイノックスで木村厩舎ワンツー

【皐月賞】5番人気ジオグリフがG1初制覇!2着イクイノックスで木村厩舎ワンツー

皐月賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】ドウデュースに文句なしの「S」評価 「戴冠を意識できる」

◆【A評価】異例ローテで臨む人気馬に「A」評価 逆風にも“どこ吹く風”

◆【A評価】メリハリある動きで2歳王者を上回る高評価 「持ち前の特徴」を発揮か

◆【B評価】2歳王者の一角に「B」評価 「クラシック」には心もとない

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ドウデュースに「勝率0%」の不安要素 人気の一角には「馬券内率71%」の追い風

◆【データ攻略-後編】厩舎と血統が後押し、波乱を巻き起こす可能性十分の魅力的な穴馬候補

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 条件合致で「連対率75%」の人馬とは

◆【血統傾向】単回収値「206」の穴データに“中山の鬼”一族が該当

▼その他、過去10年データ傾向
◆【脚質傾向】キーワードは「上がり2位」の好位差し 優勝候補は2歳GI馬2騎

◆【前走ローテ】王道ローテは前走・共同通信杯組 “穴”は弥生賞組の人気薄

◆【人気傾向】“幸運”の8番人気に警戒 低評価の重賞ウイナーが穴を開ける

アーリントンカップ2022 データコラム一覧

◆【アーリントンC2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【アーリントンC2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【アーリントンC2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-皐月賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします