【フローラS/危険な人気馬】人気一角の評判馬は“消し”評価 「勝率0%データに該当する」

オークスへの優先出走権をかけたトライアルであるフローラSには、シンザン記念で1番人気の支持を受けたキタサンブラック産駒のラスールや前走のデイジー賞を勝利したルージュエヴァイユ、良血馬・ルージュスティリアなども参戦予定。

過去10年の人気別成績を見てみると、1番人気の【3-1-0-6】はやや物足りないが、1~5番人気は【9-6-5-30】と、上位人気で決着する傾向にある。しかし、2017年と21年の大波乱が馬連平均配当を押し上げて1万192円と、近年は難関なステップレースとなっている。

今回、フローラSの「危険な人気馬」として取り上げるのは、1番人気も予想されるラスールだ。

◆【フローラステークス2022予想/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」越えのデータ

【フローラS/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」超えのデータ

■前走左回りに「勝率0%」の壁

新馬戦では単勝2.1倍と人気を集めたラスール。ゲートは後肢に体重がかかっているタイミングでスタートしたため、他馬より2馬身ほど離されたスタートだったが、すぐさま二の脚で先団に取り付き、インの4番手で競馬を進めた。少し力む面も見られたが、直線で逃げ馬をすんなり交わし、上がり最速34秒0で3馬身半差の勝利となった。

続く2戦目のシンザン記念でも1番人気の支持を受けたものの、懸念されていたゲートで出遅れてなし崩しに脚を使ってしまい7着に敗れてしまった。そして巻き返しを図るべく迎えた前走の3歳1勝クラス(東京芝1600m)では五分のスタートから先団に取り付き、直線で力強く抜け出して2馬身差の快勝となった。

キタサンブラック産駒という血統背景に加え、スピード能力、切れ味、エンジン性能はともに世代トップクラスで、今回もルメール騎手が継続騎乗ともなれば重賞初制覇の期待は膨らむ。しかし前走でもゲート難は改善されておらず、今回も出遅れる可能性があることに加え、2走前に先着を許したマテンロウオリオン、ソリタリオら上位陣が結果を出せておらず、レースレベルがそこまで高くなかった点も踏まえると、全幅の信頼を置けるような存在でもない。

さらに前走における競馬場別の成績を見てみると、

・東京競馬場【0-2-2-24】
・中京競馬場【0-0-0-4】
・阪神競馬場【4-2-3-35】
・中山競馬場【5-6-4-69】

このように有利に働くと思われていた前走左回りの馬が過去10年で未勝利という結果に終わっている。ラスールはここまで3戦とも左回りを使われているが、フローラSに関してはむしろ前走で右回りを経験した馬から買うべきなのだ。

また、前述にも記載しているが、過去10年で1番人気の【3-1-0-6】はやや物足りない結果で、先週の皐月賞で同じキタサンブラック産駒のイクイノックスが2着に好走したことにより、同産駒のラスールも必然的に上位人気に推されるだろう。しかし、勝率0%に該当してしまうデータからも人気と信頼度のバランスが取れていないということになる。

ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のラスールを「消し」とする。今年のメンバー構成と、開幕週の東京芝2000mの傾向をイメージすれば、前走右回りのデイジー賞を勝利したルージュエヴァイユを中心に、ルージュスティリアホウオウバニラパーソナルハイエリカヴィータら、ある程度のポジションから競馬ができ、中山や阪神の急坂でも結果を残してきた馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“7人気”前後の盲点 「展開次第で上位争い」

【フローラS/穴ライズ】単勝“7人気”前後の盲点 「展開次第で上位争い」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“20倍”以上の伏兵 「前走は度外視の一戦」

【フローラS/穴ライズ】想定“20倍”以上の伏兵 「前走は度外視の一戦」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「距離延長で前走の再現」

【フローラS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「距離延長で前走の再現」

フローラステークス2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」越えのデータ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”前後の連勝を狙う穴馬、馬券内率「100%」の追い風

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭に“試練”の勝率0% 4年連続馬券内の「2枠」に伏兵が入る

◆【血統傾向】府中で覚醒する単回収値「393」の配合 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】差し有利も4・5枠は“鬼門” キーワードは「差し×内or外枠」

◆【前走ローテ】重賞組より「1勝クラス」が上 狙いは“人気薄”の君子蘭賞組

◆【人気傾向】1番人気は3連敗中 連軸には「1-5-2-2」の2番人気を推奨

マイラーズカップ2022 データコラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞実績馬を超える「S」評価 「文句なしの好仕上がり」

◆【A評価】カラテを上回る高評価 完璧な状態でないが「力は発揮できる状態」

◆【A評価】上位人気を上回る「A」評価は穴馬 「巻き返しも不思議はない」

◆【B評価】カラテに辛口の「B」評価 脚元の不安はないが「物足りない」

▼データ予想
◆【騎手データ】軸は条件合致で数値“急上昇” 阪神芝マイル重賞で活躍する栗東の名手

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします