【フローラS/データ攻略-後編】想定“10人気”前後の連勝を狙う穴馬、馬券内率「100%」の追い風

前編ではパーソナルハイルージュスティリアのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【フローラステークス2022予想/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」超えのデータ

【フローラS/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」超えのデータ

■データが導く2022フローラSの穴馬候補は

<穴候補1 ヴァンルーラー>

昇級後は苦戦が続いていたが、前走君子蘭賞で鮮やかな逃げ切り勝ち。脚質の柔軟性が広がったという意味では大きな一戦と言えるだろう。ここは再度重賞の舞台に挑むこととなるが、今回はローテーションが味方する。

・前走君子蘭賞2着以内【2-2-1-1】

こちらのデータは同レース2着シンシアウィッシュにも適用される。阪神芝1800mと東京芝2000mは関連性の強い舞台。人気の盲点にある印象だが、侮れない穴馬候補と言えよう。

<穴候補2 ゴールデンアワー>

未勝利を脱出したばかりで即重賞挑戦。常識的に考えれば厳しい印象は否めないが、この馬にとって追い風となるのは以下のデータだ。

・芝2000m成績【1-1-2-0】

馬券内率は100%。そのなかには今回と同じ東京芝2000mでの好走歴も含まれる。ウインマリリン、クールキャットと父ロベルト系の馬が連勝中のフローラS。今年の出走馬で唯一の父ロベルト系であるこの馬に注目したい。

◆【フローラステークス2022予想/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」超えのデータ

【フローラS/データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」超えのデータ

フローラステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“7人気”前後の盲点 「展開次第で上位争い」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“20倍”以上の伏兵 「前走は度外視の一戦」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「距離延長で前走の再現」

◆【危険な人気馬】人気一角の評判馬は“消し”評価 「勝率0%データに該当する」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭に“試練”の勝率0% 4年連続馬券内の「2枠」に伏兵が入る

◆【血統傾向】府中で覚醒する単回収値「393」の配合 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】差し有利も4・5枠は“鬼門” キーワードは「差し×内or外枠」

◆【前走ローテ】重賞組より「1勝クラス」が上 狙いは“人気薄”の君子蘭賞組

◆【人気傾向】1番人気は3連敗中 連軸には「1-5-2-2」の2番人気を推奨

マイラーズカップ2022 データコラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞実績馬を超える「S」評価 「文句なしの好仕上がり」

◆【A評価】カラテを上回る高評価 完璧な状態でないが「力は発揮できる状態」

◆【A評価】上位人気を上回る「A」評価は穴馬 「巻き返しも不思議はない」

◆【B評価】カラテに辛口の「B」評価 脚元の不安はないが「物足りない」

▼データ予想
◆【騎手データ】軸は条件合致で数値“急上昇” 阪神芝マイル重賞で活躍する栗東の名手

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022フローラS編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします