【マイラーズC2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

第53回・マイラーズC(GII、芝1600m)は昨年に続き、京都競馬場の改修により阪神開催となる。

安田記念への優先出走権が与えられるトライアルレースとして、距離延長の中山記念2着からマイル戦へ戻るカラテ、前走・東京新聞杯12着から巻き返しを狙うホウオウアマゾン、前年の覇者・ケイデンスコール、前走・リステッド競走から挑むエアロロノアエアファンディタファルコニアらが出走する。

ここでは、過去10年のデータ傾向から予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【マイラーズカップ2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

枠順表には、2020年以前の京都競馬場で開催された分も含まれている。阪神競馬場で開催された芝1600mの重賞レースでの枠順成績(過去10年分)に注目すると、5枠が【14-9-10-88】勝率11.6%、連対率19.0%、複勝率27.3%とトップの成績となっている。今年、サトノアーサーエアファンディタが入った。

同コースの重賞レースを得意としているのは、ファルコニアに騎乗する川田将雅騎手だ。16日のアーリンカップは1番人気のダノンスコーピオンで、10日の桜花賞では7番人気のスターズオンアースで勝利している。同騎手がファルコニアに騎乗した阪神競馬場での成績は【2-1-0-0】と連対率100.0%と軽視はできない。

また、気になるのが1番人気想定のカラテに騎乗する菅原明良騎手だ。同騎手は阪神競馬場の経験が【0-1-1-2】と4鞍しかなく、そのうち芝1600mは1鞍のみ。この点がカラテにどう影響するか気になるところだ。

◆ 【マイラーズカップ2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/マイラーズカップ2021】2番人気ケイデンスコールが中団から抜け出し重賞3勝目

◆【マイラーズカップ2022/人気傾向】過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

マイラーズカップ2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】軸は条件合致で数値“急上昇” 阪神芝マイル重賞で活躍する栗東の名手

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞実績馬を超える「S」評価 「文句なしの好仕上がり」

◆【A評価】カラテを上回る高評価 完璧な状態でないが「力は発揮できる状態」

◆【A評価】上位人気を上回る「A」評価は穴馬 「巻き返しも不思議はない」

◆【B評価】カラテに辛口の「B」評価 脚元の不安はないが「物足りない」

フローラステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“7人気”前後の盲点 「展開次第で上位争い」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“20倍”以上の伏兵 「前走は度外視の一戦」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「距離延長で前走の再現」

◆【危険な人気馬】人気一角の評判馬は“消し”評価 「勝率0%データに該当する」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】混沌の3歳牝馬路線 ルージュスティリアに複勝率「6割」越えのデータ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”前後の連勝を狙う穴馬、馬券内率「100%」の追い風

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭に“試練”の勝率0% 4年連続馬券内の「2枠」に伏兵が入る

◆【血統傾向】府中で覚醒する単回収値「393」の配合 コース替わりで警戒の穴馬

◆【脚質傾向】差し有利も4・5枠は“鬼門” キーワードは「差し×内or外枠」

◆【前走ローテ】重賞組より「1勝クラス」が上 狙いは“人気薄”の君子蘭賞組

◆【人気傾向】1番人気は3連敗中 連軸には「1-5-2-2」の2番人気を推奨

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします