【X Games】日本初上陸、世界最大のエクストリーム・スポーツ国際大会が開幕 BMX早川起生が金メダルの快挙

BMXで見事金メダルに輝いた早川起生 (C)Naoki Gaman/ESPN Imagess

世界最大のエクストリーム・スポーツ国際競技大会「X Games(Xゲームズ)」が日本初上陸し、4月22日にZOZOマリンスタジアムで開幕。大会初日は男子スケートボード「バート」とBMX「フラットランド」の決勝に加え、4種目の予選が行われた。

◆【実際の動画】新星・早川起生のBMX「フラットランド」でのプレー

■初日から日本人選手のメダル・ラッシュ

2003年以来、19年ぶりにX Gamesの競技ラインナップに加わったBMX「フラットランド」は、8人のアスリートが対戦式のトーナメントを繰り広げた。銅メダル争いは、佐々木元マティアス・ダンドワと対戦し、千葉が地元の佐々木が銅メダルをもぎ取った。さらに金メダル争いでは、今大会最年長のアレックス・ジュメリンとBMX最年少の早川起生が対戦。新星・早川がX Games初の金メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

銀メダルを獲得した芝田モトの演技 (C) Yoshio Yoshida/ESPN Imagess

夕刻には男子スケートボード「バート」の決勝が開催され、今大会初の金メダルはアメリカのジミー・ウィルキンスが手にした。銀メダルは日本の芝田モトが獲得、X Gamesでは悔しい自身3つ目の銀メダルとなった。また、13歳のギー・クーリーはX Gamesの男子スケートボード バート史上最年少で自身初のメダルを獲得し、銅メダルで表彰台に立った。

女子スケートボード「ストリート」では、日本人スケーターの織田夢海が1位で予選を通過、続いて行われた女子スケートボード「パーク」でも、開心那が予選をトップで終えた。さらに男子BMXパークでも中村輪夢が予選首位に躍り出、初日から日本勢の好調をアピールした形だ。

23日は男子スケートボード「ストリート」予選に東京五輪金メダリストの堀米雄斗が登場するほか、男子スケートボード バート ベストトリック、女子スケートボードパーク決勝、男子BMXパーク決勝、モトエックス ベストウィップ、男子BMX ストリート決勝が開催されている。

◆日本初上陸 13歳ギー・クーリの神対応にファン興奮「かわいい」「ナイスガイ」

◆スケボー五輪金の四十住さくら「何もしてない」けど貫禄2位通過

◆日本初開催、堀米雄斗「ベストな滑りを」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします