【X Games】世界最大のエクストリーム・スポーツ大会で日本女子が表彰台独占、四十住さくらが金

見事金メダルを獲得した四十住の演技 撮影:Naoki Gaman_ESPN Images

世界最大のエクストリーム・スポーツ国際競技大会「X Games(Xゲームズ)」は23日、2日目を迎え、男子スケートボード「ストリート」予選、男子スケートボード「バート ベストトリック」、女子スケートボード「パーク」決勝、男子BMX「パーク」決勝、モトエックス「ベストウィップ」、男子BMX「ストリート」決勝が行われた。

◆【実際の映像】東京五輪に続く快挙! 四十住さくら、X Gamesで初の金メダルを獲得した圧巻スケーティング

■開心那が2度目のX Games銀メダル

女子スケートボードパークでは、X Games史上2回目の日本人が表彰台独占という快挙。東京五輪で金メダルに輝いた四十住さくらは、X Gamesで初の金メダルを獲得。圧巻の2本目で、バックサイド180からボックス越えのフェイキー、フェイキーノーズブラント、バックサイドオーリー、バックサイドエア、ジュードー、ディープエンドコーナーを通るフロントサイドスミスグラインド、ワンフットバックディザスター、リップスライド、オーリー540、ファストプラントを披露した。予選トップで通過した開心那が2度目のX Games銀メダル、X Games 2021銀メダルの手塚まみは銅メダルで表彰台に立った

男子スケートボードストリート予選では東京五輪金メダリスト堀米雄斗が予選を1位で通過。男子BMXパーク決勝は、日本の中村輪夢が予選を1位で通過したものの、決勝は6位でフィニッシュとなった。

男子スケートボード バートではベストトリック決勝が行われ、アメリカのミッチー・ブルスコは4本目にビッグ・フリップ・マック・ツイストを決め、金メダルを奪取した。2021年に金メダルを獲得した13歳のギー・クーリは惜しくも銀、クレイ・クライナーが3位に滑り込んだ。

◆【実際の映像】東京五輪に続く快挙! 四十住さくら、X Gamesで初の金メダルを獲得した圧巻スケーティング

◆日本初上陸、世界最大のエクストリーム・スポーツ国際大会が開幕 BMX早川起生が金メダルの快挙

◆五輪金・堀米雄斗は予選1位通過 決勝は新トリック解禁へ「進化した姿を見せる」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします