【今週の決戦】パ・リーグの2位、3位対決の鍵を握るのは、やはり4番 グラシアル(ソフトバンク)vs山川穂高(西武)

(C)Getty Images

ここまで14勝8敗1分の2位・福岡ソフトバンク・ホークスと11勝12敗1分の3位の埼玉西武ライオンズと、首位を窺うチーム同士の対戦となる。前回ベルーナドームでの3連戦は1勝1敗1分と、まったくの痛み分けに終わったが、PayPayドームを舞台にした今回はどうなるか。

◆【今週の決戦】巨人、高卒ドラフト1位同士の光と影!? DeNA大田泰示 vs巨人・岡本和真

■両チームの4番に注目

ソフトバンクは4番のジュリスベル・グラシアルが調子を上げてきた。4月12日終了時点では打率.157と低迷、開幕ダッシュに失敗した要因のひとつとなっていたが、同14日から9試合連続安打を継続中。

今季通算ではまだ打率.238と数字が上がり切っていないが、先週6試合は打率.304をマークしており期待が持てる。故障離脱していた柳田悠岐がこの日から待望の1軍合流の予定。それに合わせて助っ人砲の爆発も期待したいところ。なんとしても前回の敵地・西武戦3試合で12打数無安打に抑え込まれた借りを返さなければならない。

一方、西武も4番の山川穂高に期待。2018年、2019年と2年連続で本塁打王のタイトル獲得も、2020年、2021年は不完全燃焼だった和製大砲。迎えた今季は開幕から6試合で打率.444、4本塁打、9打点と“大爆発スタート”を切ったものの、3月30日の日本ハム戦の走塁中に右太もも裏肉離れを発症して戦線離脱となった。それでも4月19日に復帰し、3戦目の同22日には5号ソロ。今週は“全開モード”で再びアーチ量産態勢に入りたい。

昨季はBクラスに沈んだ両チーム、今季は現在のところAクラス同士。その中で、不振を乗り越えた両チームの「4番」のリベンジが、勝負のポイントになりそうだ。首位奪還への鍵を掴むのは、どちらか。

◆ソフトバンクは“変革期”でも充実の布陣 投打でネクストブレイク候補多数

◆屈辱の最下位から復権誓う西武 カギは“左の先発”と山賊打線の巻き返し

◆開幕戦で逆転満塁弾を放ったガルビスの特徴とは

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします