【MLB】大谷翔平、「2番DH」スタメン 登板前日も休まず“フル稼働”で今季4号なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるクリーブランド・ガーディアンズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

大谷は前日の同戦で、今季初めて「2番DH」としてフル出場。相手先発のサイ・ヤング賞投手シェーン・ビーバーの決め球、ナックルカーブに苦しんだほか、審判からの厳しい判定もあり、見せ場が作れず4打数無安打に終わった。エンゼルスは3-0で投手戦を制して2連勝。地区首位のシアトル・マリナーズとのゲーム差を0.5に縮めた。

◆大谷翔平、今季初「2番」で2試合ぶり無安打 CY賞ビーバーに2三振、エ軍完封勝ち

■登板前日に弾みをつける一発なるか

相手先発のトリストン・マッケンジーは昨季25試合に登板して5勝9敗、防御率4.95。今季は3試合、合計11.1イニングを投げて6安打3失点11奪三振をマークするも、8四死球と制球が定まらず。前回20日(同21日)のホワイトソックス戦では5回途中、1安打5四死球とワイルドピッチも絡む乱調で降板している。大谷とは昨季8月21日(同20日)に対戦し、3打数3三振。

大谷は15日(同16日)の敵地・レンジャーズ戦で今季1、2号の1試合2本、翌16日(同17日)に2試合連続となる3号を放ち、直近10試合でもマルチ安打を4度記録するなど復調の兆しを見せるが、昨日は4打数無安打に倒れており、いまだ波に乗り切れていない。明日の登板へ弾みをつける一打を出せるか。

試合情報

エンゼルス-ガーディアンズ
試合開始:日本時間4月27日(水)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆【実際の映像】大谷翔平、ライナーで一気に右中間スタンドに着弾した打球速度173キロの豪快3号ホームラン

◆大谷翔平、“史上最高年俸”到達の可能性は… 米記者が契約延長のポイント解説

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします