【X Games】日本のエース堀米雄斗と白井空良の強さの源にある関係性 表彰台独占の裏に見るパイオニア中村貴咲の功績 後編

TUFLEGを主宰する、今大会のジャッジを努めた立本和樹(左)と授賞式後の堀米雄斗 撮影:小嶋勝美

■3人に共通する運命的なまでのつながり

3人の深いつながり 撮影:小嶋勝美

TUFLEGのボス立本和樹は、90年代終わりから00年代始め頃の20代前半、アメリカの老舗デッキブランドBlind Skateboardsのフローライダーとして活躍していた。そして堀米が日本のデッキブランドHIBRID skateboardsから本場アメリカのブランドに移った際に加入したのがBlind。その後アマとして活動後、現在のApril Skateboardsでプロモデルを出すことになる。さらに白井がTUFLEGを抜けた後に加入したのもBlind Skateboardsで、現在は自身のプロモデルをリリースしている。この流れに3人の運命を感じざるを得ない。

TUFLEGを主宰する、今大会のジャッジを努めた立本和樹(左)と授賞式後の堀米雄斗 撮影:小嶋勝美

ちなみにバート種目専門で大会に出ていた堀米雄斗を最初にストリートの大会に誘ったのも立本だった。立本は当時堀米が通っていたローカルスケートパークであるムラサキパーク東京で働いていた。様々な事情が重なり立本のBlindでの活動期間は約2年ほどだったが、その意志は今も2人に受け継がれている。

◆【前編】日本のエース堀米雄斗と白井空良の強さの源にある関係性 表彰台独占の裏に見るパイオニア中村貴咲の功績

■堀米の強さにある“常に自分超えをしていく姿”

堀米雄斗/ノーリーフロントサイド270リップスライド 撮影:小嶋勝美

堀米といえばやはりノーリー(利き足とは逆の足で踏切って飛び上がる技)からの多彩なトリックの引き出しの多さにある。これまで注目されていたノーリーから空中で270度回転し、手すりを滑り降りる技に加え今大会では、新技のノーリーバックサイド180スイッチスミスグラインドという新技(空中で180度回転し、トラックと呼ばれる車軸を斜めにかけて滑り降りる)を披露。レールが見えない方向に回る技で超高難度のトリックだ。

最終滑走のラン最後にはさらなる新技、スイッチトレフリップ(360フリップ)リップスライドを見せた。この技はスイッチスタンスという普段とは逆のスタンスで板に乗り、板を空中で縦と横に1回転させてキャッチし、そのまま手すりを滑り降りる技。

堀米の強さはこういった世界的な大舞台でも、自身の持つ大技を決める驚異的なまでの精神力と集中力にある。今大会でもニュートリック2発で“これまでの自分を超えていく姿”を見せる所に、ファンは惹かれるのだろう。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします