【今週の決戦】パ・リーグ首位攻防戦の主役は「帰ってきた男」対決 楽天・則本昂大 vs ソフトバンク・柳田悠岐

プロ野球ゴールデンウィーク前半の見どころは、ここまで15勝6敗1分の東北楽天イーグルスと15勝10敗1分の福岡ソフトバンク・ホークスによる首位攻防戦だ。

今季対戦は2勝1敗と楽天がリード。今回の舞台は楽天生命パーク。29日の第1戦は雨予報で中止が濃厚だが、果たしてどのような試合が展開されるのか。「帰ってきた男」対決に注目したい。

※第1戦は雨天中止となりました

◆【セ・リーグ/今週の決戦】「伝統の一戦」は首位と最下位対決、鍵は吉川尚輝 vs 近本光司の1番打者

■首位攻防戦では「則本vs柳田」に注目

楽天に帰ってきたのは、則本昂大。3月25日のロッテ戦で自身7度目の開幕投手を務めた(5回1/3、3安打3失点)が、1日に新型コロナウイルス感染が判明して戦線離脱。今カードで開幕戦以来の先発マウンドに上る予定だ。ソフトバンク相手には昨季6試合で1勝3敗、防御率5.50と相性が良かったわけではない。しかし約1カ月ぶりの登板で自身の実力と存在を改めて見せつけたいところ。チームとしてもエース復活の咆哮により、このまま首位快走を続けたいところだ。

一方、ソフトバンクに帰ってきたのが柳田悠岐だ。5日のオリックス戦で左肩を痛めて戦線離脱。ようやく同26日の西武戦で1軍復帰を果たすと、そこから2試合1安打ずつを放った後の3試合目、28日の西武戦で1日以来となる今季2号弾を放った。いわば「試運転」を終え今カードを迎える。

昨季の対戦では13打数3安打(1本塁打)の打率.231と、やや抑えられ気味の則本から、豪快な一発を放ち、首位奪還の原動力となるのか。

黄金週間首位攻防戦は「則本 vs 柳田」、力と力の真っ向勝負に注目したい。

◆【戦力分析】楽天、飛躍のカギは新助っ人と再起誓う韋駄天 求められる石井GM兼任監督の“独自色”

◆【戦力分析】ソフトバンクは“変革期”でも充実の布陣 投打でネクストブレイク候補多数

◆“The Monster of the Reiwa”佐々木朗希の完全試合を米メディアも特集「唯一無二の歴史的パフォーマンス」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします