【NHKマイルC/追い切り診断】ダノンスコーピオンに不満の「B」評価 「前走で仕上げ切ってしまった」

■ダノンスコーピオン

【中間調整】共同通信杯は7着に終わってしまったが、適距離と言えるマイルに戻ったアーリントンCでしっかり巻き返し勝利を収めた。その後は大目標のNHKマイルCに向け、在厩で調整されている。4月28日に坂路でキャンターを消化、そして30日には坂路で終いを伸ばしラスト2F13秒3-12秒2(馬なり)とまずまずの動きを披露。

◆【NHKマイルカップ2022予想/追い切り診断】セリフォスを上回る「S」評価 古馬をあっさりパスする「文句なしの好気配」

【NHKマイルC/追い切り診断】セリフォスを上回る「S」評価 古馬をあっさりパスする「文句なしの好気配」

【最終追い切り】前走時にある程度仕上がっていたし、中2週の東上を控えており今週は無理をさせず坂路で馬なり・単走の終い重点調整。全体的にやや散漫だったが、脚捌きそのものは軽快だった。

【見解】共同通信杯後に立て直すため春全休という報道が流れたが、その方針に変更があったようでアーリントンCで結果を残してみせた。底力の高さには畏れ入るばかりだが、やはり前走で仕上げ切ってしまった感はいなめず中間は状態維持に専念しているようだ。折り合いと闘争心のモノサシとなる併せ馬をこなせていないあたりも気になるし、気配面はいささか心もとない。

総合評価「B」

◆【NHKマイルカップ2022予想/追い切り診断】打倒ダノンスコーピオン候補に「A」評価 「惚れ惚れするレベル」

【NHKマイルC/追い切り診断】打倒ダノンスコーピオン候補に「A」評価 「惚れ惚れするレベル」

◆【NHKマイルカップ2022予想/追い切り診断】勝機十分の人気馬に「A」評価 「やる気がみなぎっている」

【NHKマイルC/追い切り診断】勝機十分の人気馬に「A」評価 「やる気がみなぎっている」

NHKマイルカップ2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】実績馬が“伏兵”扱い 「この人気なら積極的に買い」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“10人気”前後の盲点 「惨敗の前走は度外視」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”想定 「押さえておいて損はない」

◆【危険な人気馬】「良血×名手」の人気馬は“消し” 「前傾ラップに戸惑う」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬2頭に逆風 「馬券内率ゼロ」データの壁とは

◆【データ攻略-後編】想定オッズ“2桁”の穴馬 条件好転で連対率「100%」が後押し

◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率80%” 軸候補にすべき美浦の大ベテランとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】馬券内率“トップ”の好枠にダノンスコーピオン セリフォスは2枠4番に入る

◆【血統傾向】距離延長で単回収値「888」に上昇の伏兵 マイル前後が適性の血統とは

◆【脚質傾向】トレンドは4角“7番手以下”の差し 「人気薄の差し・追込もハマる」

◆【前走ローテ】ダノンスコーピオンに警鐘 前走惜敗馬に「盲点がゴロゴロと潜む」

◆【人気傾向】1人気は現在「5連敗」 “堅軸”2人気から中穴を狙うのがセオリー

新潟大賞典2022 データコラム一覧

◆【新潟大賞典2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【新潟大賞典2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【新潟大賞典2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします