【NHKマイルC/穴ライズ】馬券内で“万馬券”想定 「押さえておいて損はない」

過去10年、NHKマイルCにおける1番人気の成績は【3-1-1-5】。昨年3着だったグレナディアガーズ、2020年2着のレシステンシアをはじめ、その半数が馬券外に絡んでいる。一方、10番人気以下は【1-3-3-82】と7頭も馬券内に入っており、2年に一度はダークホースが大穴をあけている計算となる。

前走着順にスポットを当ててみると、前走1着馬は過去10年3着内の30頭のうち、わずか5頭のみ。同じく3歳春のGIである桜花賞は12頭、皐月賞は20頭、オークスは13頭、そして日本ダービーも13頭であることを考えると、明らかにNHKマイルCは連続好走が少ないと言える。なお、過去5年に絞ると、前走1着馬は1頭も馬券に絡んでいない。

◆【NHKマイルカップ2022予想/穴馬アナライズvol.1】実績馬が“伏兵”扱い 「この人気なら積極的に買い」

NHKマイルCで前走敗戦馬による巻き返しが多く見られる理由として、トライアルと本番で求められる適性が違うことが挙げられる。出走頭数が最も多いニュージーランドTは右回りで、タフな馬場の中山コース。一方、本番は左回りで、軽い芝の東京コースだ。また、ファルコンSにおいては、中京コースのため左回りこそ同じものの、本番は距離延長で臨むことになる。

理由はこのほかにも、比較的不利が起こりづらいコース形態、さらにクラシック路線組の参戦などが考えられる。このことから、前走着順にとらわれることなく、これまでのレース内容や適性をしっかり精査すればおのずと「穴馬」が見えてくるはずだ。

■タイセイディバイン

初出走は昨年7月の小倉2000m戦で、初戦は6着とほろ苦いデビュー。以降も中距離を使われ、5戦目で初勝利を飾っている。その後はGIIIの京成杯で10着、1勝クラスのあすなろ賞で6着と苦戦が続くが、距離短縮で臨んだ2走前のファルコンSでは2着と進展を見せた。

前走はマイル戦のアーリントンCに出走。先行策から直線半ばで堂々と抜け出すも、最後は大外から追い込んできたダノンスコーピオンの強襲に屈しクビ差の2着に敗れている。勝ち馬の目標になってしまった分だけ交わされた形で、実力的には差はないと判断していい。このくらいの距離が合う。

もともと素質を高く評価されていた馬で、重賞で連続2着の走りはフロックではない。実力上位にもかかわらず、下から数えたほうが早い低評価であれば買いの一手。押さえておいて損はない1頭だ。

▼その他、穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“10人気”前後の盲点 「惨敗の前走は度外視」

【NHKマイルC/穴ライズ】前日“10人気”前後の盲点 「惨敗の前走は度外視」

◆【危険な人気馬】「良血×名手」の人気馬は“消し” 「前傾ラップに戸惑う」

【NHKマイルC/危険な人気馬】「良血×名手」の人気馬は“消し” 「前傾ラップに戸惑う」

NHKマイルカップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】セリフォスを上回る「S」評価 古馬をあっさりパスする「文句なしの好気配」

◆【A評価】勝機十分の人気馬に「A」評価 「やる気がみなぎっている」

◆【A評価】打倒ダノンスコーピオン候補に「A」評価 「惚れ惚れするレベル」

◆【B評価】ダノンスコーピオンに不満の「B」評価 「前走で仕上げ切ってしまった」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気馬2頭に逆風 「馬券内率ゼロ」データの壁とは

◆【データ攻略-後編】想定オッズ“2桁”の穴馬 条件好転で連対率「100%」が後押し

◆【騎手データ】条件合致で驚異の“連対率80%” 軸候補にすべき美浦の大ベテランとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】馬券内率“トップ”の好枠にダノンスコーピオン セリフォスは2枠4番に入る

◆【血統傾向】距離延長で単回収値「888」に上昇の伏兵 マイル前後が適性の血統とは

◆【脚質傾向】トレンドは4角“7番手以下”の差し 「人気薄の差し・追込もハマる」

◆【前走ローテ】ダノンスコーピオンに警鐘 前走惜敗馬に「盲点がゴロゴロと潜む」

◆【人気傾向】1人気は現在「5連敗」 “堅軸”2人気から中穴を狙うのがセオリー

新潟大賞典2022 データコラム一覧

◆【新潟大賞典2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【新潟大賞典2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【新潟大賞典2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【新潟大賞典2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-NHKマイルカップ編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします