【MLB】2打席連続弾の大谷翔平、明日本拠地でMVP受賞セレモニー ボブルヘッド求めファン殺到か

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平が9日(日本時間10日)、本拠地でのタンパベイ・レイズ戦に「3番DH」で先発出場。6回の第3打席に左中間へ10戦42打席ぶりとなる5号本塁打、7回の第4打席では自身初のグランドスラムとなる6号本塁打を放つなど、4打数3安打5打点と大活躍した。試合はエンゼルスが11-3で勝利し、地区首位をキープした。

前日8日(同9日)のナショナルズ戦では、2点を追う9回2死一、三塁から同点の適時二塁打を放つなど調子が上がって来ている。レイズとの今カードでは、11日(同12日)に先発登板も予定されており、注目の3連戦となる。

◆【実際の映像/衝撃の2打席連続弾】大谷翔平の打棒爆発で球場騒然! 10試合ぶりの5号&2打席連続6号満塁本塁打

■絶好調ウォードがハムストリング痛め欠場

首位をキープし、勢いに乗るエンゼルスに暗雲か。ア・リーグ東地区の強豪レイズを迎える今カードの初戦。ここまで主に1番を務め、8日(同9日)時点で打率.364(リーグ2位)、出塁率.490(リーグ1位)、長打率.675(リーグ1位)を誇るテイラー・ウォードの名前がスタメンから外れた。

米地元紙「オレンジ・カウンティ―・レジスター」によると、前日の9回、右前打を放った際の走塁で右足ハムストリングに張りを感じたという。本人は「この状態でプレーを続けることは良くないと思った。トレーナーにも相談したし、今日は良い休養になった」と話しているようで、軽傷を強調。「明日には戦列復帰したい」と意欲を見せたが、絶好調のリードオフマンを欠く事態になれば、チームに影を落とすことになりかねない。

ウォードの復帰がかなうかどうか、明日10日(同11日)のスタメンに注目だが、当日は大谷の昨季MVP受賞を祝うセレモニーが予定されており、こちらもファンの関心を集めている。来場者2万5000人に先着で「大谷MVPボブルヘッド(首振り)人形」が配布されることになっており、“お宝グッズ”欲しさに早い時間からファンが殺到しそうだ。

また、昨季ナ・リーグMVPのブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)は4月9日に一足早く本拠地で受賞セレモニーを行っており、本人がスピーチもした。大谷もハーパー同様にスピーチを行うはずだが、果たしてファンに向けてどんなメッセージを発するのか、ここも見逃せない。

◆【実際の映像/衝撃の2打席連続弾】大谷翔平の打棒爆発で球場騒然! 10試合ぶりの5号&2打席連続6号満塁本塁打

◆大谷翔平、トラウトの連弾に米メディアも興奮「これぞ史上最もエキサイティングなチーム」

◆大谷翔平、2打席連続アーチで球場騒然 左中間へ10試合ぶりの今季5号&自身初6号満塁弾

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします