ダニエル太郎、2018年シーズン終了をファンに報告……来季の更なる飛躍を誓う

男子プロテニスのダニエル太郎選手が10月31日、インスタグラムを更新。ATPワールドツアー・マスターズ1000の「パリ・マスターズ」をもって今シーズンを終了したことをファンに報告した。

投稿では、ダニエル選手自身がチョイスしたのであろう今シーズンの名場面5つを掲載。飛躍の1シーズンとなった2018年を振り返る内容となっている。

 

View this post on Instagram

 

2018 season done! Great season with lots of progress but lots more of it to be made. Grateful for my amazing relationships with family, friends, and team. Thank you!

Taro Danielさん(@tarodaniel)がシェアした投稿 –

3月、ノバク・ジョコビッチを破る大金星

まず投稿1・2枚目の写真に映っているのは、3月に行われたATPワールドツアー・マスターズ1000のインディアンウェルズ大会で、元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手を破った際の様子だ。

ジョコビッチ選手は世界トップレベルのテニスプレイヤーであり、錦織選手でさえ過去17回の対戦で2度しか勝利できていない難敵だ。ダニエル選手にとってはまさに大金星といえる最高の一勝といえる。

デビスカップ・ワールドグループ残留に貢献

投稿3枚目の写真は、テニスの国別対抗戦デビスカップでの1枚。日本は今年、最高ランクの「ワールドグループ」に参戦するも初戦敗退。下位の「地域グループ」のボスニア・ヘルツェゴビナとプレーオフを戦うことに。

負ければワールドグループから陥落してしまう大一番となったが、ダニエル選手らの活躍により見事に勝利。ワールドグループ残留を決めている。

5月、日本人男子4人目となるATPツアー初優勝

投稿4枚目と5枚目の写真は、5月に開催されたATPワールドツアー・250シリーズのイスタンブール大会で、自身初そして日本男子4人目となるATPツアー優勝を果たした際の2枚だ。

5枚目の優勝の瞬間にとっているポーズは、ダニエル選手のツイッターで語られた本人談によると「マーベルのヒーロー映画の見過ぎで意味分かんなくでてきました笑」とのこと。

世界ランキング64位を記録するなど、2018シーズンは飛躍の1年となった

ダニエル選手にとって今シーズンは、ジョコビッチ選手撃破、ATPツアー初優勝、そして8月に自己最高の世界ランキング64位を記録するなど、まさに飛躍の1年となった。

ダニエル選手に対しては、ファンからは最大限のねぎらいのコメントが寄せられている。

  • 今年のツアーお疲れ様でした!少ししかない休養をとり新たに頑張ってほしいです!
  • 今年は本当に素晴らしかった!
  • 思い出深い1年になりました!来年は太郎ちゃんにとって、どんな年になるのかさらに楽しみです
  • この写真見るとウルウルします。お疲れ様でした‼︎また新しいシーズンでの活躍を期待してます
  • Congratulations Taro! So proud of your hard work keep it up!(おめでとう太郎!本当によくやったね。今後も頑張れ!

最終戦となったパリ・マスターズは残念ながら予選敗退となったものの「Great season」を送ることができたダニエル選手。来シーズンの更なる飛躍を期待したい。

≪関連記事≫

ダニエル太郎、秘技「8の字の動き」で驚異の柔軟性を披露!

ダニエル太郎、サメに襲われるも恐怖のあまり彼女を見捨てて逃げる?

ダニエル太郎には「”5歩亀”になってほしい」?松岡修造が全米オープン出場選手について語る

フェデラー、錦織圭とダブルスを組む可能性はあるのか?

大坂なおみ、日本勢最高位に並ぶ世界ランキング4位…「ナンバーワンはすぐよ」の声も

大坂なおみ、全米オープン優勝も試合後にバナナをパクリ…ネット上では「かわいい」「大物」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします