【ヴィクトリアM/危険な人気馬】非凡な末脚を持つ人気馬は“消し”評価 「前傾ラップに戸惑う」

15日に東京競馬場でヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)が行われる。前走大阪杯で2着に善戦したレイパパレを筆頭に、昨年のエリザベス女王杯を制したアカイイト、2020年の牝馬3冠馬デアリングタクト、昨年の桜花賞馬ソダシに加え、高松宮記念で惨敗したレシステンシアも参戦し、GI馬5頭に加え、GI連対馬3頭と例年以上に豪華メンバーが揃った。

過去には2000万馬券が飛び出すなど「荒れるレース」として名が知られているが、過去10年の1人気が【3-2-0-5】で、連対か4着以下か半々で全幅の信頼は置きづらい状況。2人気【0-0-1-9】、3人気【0-1-1-8】とどちらも不振が続いており、10人気以下も頻繁に馬券に絡むことから、基本的に波乱前提で考えたいレースだ。

今回、ヴィクトリアマイルの「危険な人気馬」として取り上げるのは、大阪杯において2年連続で連対した女傑・レイパパレだ。

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

【ヴィクトリアM/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

■レイパパレは「激流」を経験していない

今シーズンは金鯱賞から始動したレイパパレ。終始力みながらのレースだった香港C、エリザベス女王杯とは一転して金鯱賞ではきちんと折り合い、スムーズな立ち回りで2着に好走し上々なスタートとなった。そして連覇がかかった大阪杯へ出走。先行して最後まで力強く脚を伸ばしたものの、直線の追い比べで競り負けて2着に惜敗した。

GIタイトル奪還を狙うべく、本レースに矛先を向けてきたわけだが、マイル戦は20年1月の新馬戦、同6月の1勝クラスを連勝して以来約2年ぶり。1800~2200mの重賞で結果を残してきた馬だけに距離不足などの懸念材料は多いが、一生懸命走り過ぎるタイプでスローな流れだと折り合いに苦労する傾向にあるため、一気の距離短縮でマイラーとしての才能が開花してもおかしくないだろう。

しかし、過去のヴィクトリアマイルで人気を背負いながらも好走した馬たちには「2、3歳時にマイル重賞を勝利していた」という共通点があり、レイパパレはそれに該当しない。

・21年グランアレグリア(1人気1着)
 └サウジアラビアRC、桜花賞
・20年アーモンドアイ(1人気1着)
 └シンザン記念、桜花賞
・19年プリモシーン(4人気2着)
 └フェアリーS、関屋記念
・18年リスグラシュー(1人気2着)
 └アルテミスS

例年ヴィクトリアマイルは良馬場なら1分31秒後半から1分32秒台前半の高速決着になりやすいため、3歳時点でマイル戦のラップに対応できないようでは、古馬になってより速いペースに付いて行けず、戸惑って凡走するケースが多い。のちに海外GIを3勝するラヴズオンリーユーでさえも2020年のヴィクトリアマイルでこれまで経験したことのないペースにテンから遅れ7着に敗れてしまっているように、マイル重賞でモマれた経験がないと、このレースでは力を発揮することができないのだ。

また、レイパパレ自身が経験したマイルの2戦の詳細を確認すると、

・新馬戦
 └1分37秒5(前35.8-後35.8)
・1勝クラス
 └1分33秒9(前35.1-後35.1)

となっており、近2走での前半3Fは、金鯱賞で35秒7、大阪杯で34秒6。一方、1番人気6着と崩れた昨秋のエリザベス女王杯は34秒1と速く、追走に戸惑った感がある。折り合いに苦労する面があって距離短縮は歓迎とはいっても、前半33秒~34秒台のラップ傾向にあるヴィクトリアマイルにおいては、ポジションを取るために、なし崩しに脚を使ってしまい凡走する可能性も高いというわけだ。

ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のレイパパレを「消し」とする。今年のメンバー構成と道中のペースをイメージすれば、桜花賞を好タイムで勝利したソダシを中心に、ソングラインファインルージュレシステンシアマジックキャッスルら、ある程度のポジションから競馬ができ、ハイペースでも瞬時に反応ができる馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【ヴィクトリアマイル2022予想/穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以上の盲点 「激走の条件は揃っている」

【ヴィクトリアM/穴ライズ】前日“10人気”以上の盲点 「激走の条件は揃っている」

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“40倍”前後の伏兵 安定した取り口で「馬券圏内」に

【ヴィクトリアM/穴ライズ】想定“40倍”前後の伏兵 安定した取り口で「馬券圏内」に

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 絶好のパートナーで「大番狂わせ」を狙う

【ヴィクトリアM/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 絶好のパートナーで「大番狂わせ」を狙う

ヴィクトリアマイル2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】レイパパレを上回る「S」評価の“惑星” タイトル奪取へ「待ったなし」

◆【A評価】GI馬5頭のうち高評価「A」の1頭 前走“メイチ”も「体調は高値安定」

◆【A評価】GI未勝利馬に“文句なし”の高評価 「精神面が研ぎ澄まされている」

◆【B評価】力強い伸び脚もソダシに辛口「B」評価 「まだ唸るような気迫は…」

▼データ予想
◆【騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

◆【データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多3勝「3枠」にソダシが入る 過去10年“連対ゼロ”の1枠にデアリングタクト

◆【血統傾向】充実期を迎えた想定“10人気”前後の穴馬が、単回収値「168」データに該当

◆【脚質傾向】上がり最速より「2位以下」が優勢 「盲点は好位差しに潜む」

◆【前走ローテ】阪神牝馬S組に“穴馬”多数 「GI馬を差し置いて注目の存在」

◆【人気傾向】オッズ拮抗の1人気は“危険” 「狙いは10人気以下の大穴」

京王杯スプリングカップ2022 データコラム一覧

◆【京王杯スプリングカップ2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき人馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【京王杯スプリングカップ2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【京王杯スプリングカップ2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします