【ヴィクトリアM/枠順】最多3勝「3枠」にソダシが入る 過去10年“連対ゼロ”の1枠にデアリングタクト

第17回ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)の枠順が13日、JRAより発表された。

約1年ぶりの復帰戦となる無敗の牝馬三冠・デアリングタクトが1枠1番、前年の大阪杯覇者で今年も2着好走のレイパパレは7枠13番、前年の桜花賞馬でフェブラリーS3着のソダシは3枠5番、スプリント路線から再びマイルGIへ挑むレシステンシアは4枠7番に入った。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

■デアリングタクの1枠は連対率「0%」

1番人気が予想されるレイパパレが入った7枠は【2-0-1-26】勝率6.9%、連対率6.9%、複勝率10.3%。ソダシが入った3枠は【3-0-1-16】勝率・連対率15.0%、複勝率20.0%と最多タイとなる3勝を誇る。

一方、人気が予想されるデアリングタクトソングラインが入った1枠は【0-0-4-16】勝率・連対率0.0%、複勝率20.0%と過去10年で連対できていない。本レースを遡ってみると2着に入ったのは2010年の8番人気ヒカルアマランサス、09年の11番人気ブラボーデイジーの2頭のみ。さらに優勝したのは2006年の2番人気ダンスインザムードのみとなっている。昨年は、5番人気のマジックキャッスルが3着に入ったが、2020年は3番人気ラヴズオンリーユーは7着、19年は3番人気レッドオルガは11着のように20年から15年は3・4番人気に推されていたが馬券に絡むことができていなかった。デアリングタクト、ソングラインが当日3、4番人気になるようであれば、枠順傾向データからは推奨することは難しい。

3枠と同じ3勝をマークするのが、ファインルージュミスニューヨークが入った6枠だ。こちらは、2020年の1番人気アーモンドアイ、13年の1番人気ヴィルシーナ、12年にの4番人気ホエールキャプチャが1着となっている。さらに過去を振り返って馬券に絡んでいるのが10年の1番人気ブエナビスタの1着のみ。同枠で1番人気に推された場合の勝率を調べてみたところ、75%となっていた。同枠で馬券に絡むためには1番人気に推されていることが追い風となりそうだが、今年入った2頭にとっては逆風となりそうだ。

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 絶好のパートナーで「大番狂わせ」候補

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします