【京王杯SC2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

14日に東京競馬場で開催される第67回・京王杯スプリングカップ(GII、芝1400m)の枠順が13日にJRAから発表された。

前走・高松宮記念は勝ち馬と0秒1差の5着だったメイケイエールは8枠12番に、前走・京都牝馬Sにて2着となったスカイグルーヴは4枠4番に、本レースの連覇を狙うラウダシオンは7枠10番に、前走ダービー卿CTで初重賞制覇を飾ったタイムトゥヘヴンは7枠9番に入った。

ここでは、過去10年データ傾向から予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆ 【京王杯スプリングカップ2022】調教動画&参考レース

◆【京王杯スプリングカップ2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多4勝かつ単勝回収値253を誇る5枠には、クリスティワールドバローズが入った。昨年もラウダシオンが同枠から優勝しており、2016年に3番人気サトノアラジンが、14年には10番人気レッドスパーダが優勝している。ただ、この2頭に騎乗する松若風馬騎手と和田竜二騎手が同コースで過去10年勝てていないのが気になる点だ。

同コースを得意としているのが、スカイグルーヴに騎乗するC.ルメール騎手だ。成績は【57-32-24-102】で複勝率52.6%を誇る。同騎手は昨年の本レースで2番人気に推されたタイセイビジョンを12着、20年は1番人気のタワーオブロンドンを8着と2年連続して期待を裏切ってしまっている。しかし、【C.ルメール騎手】×【関東牝馬】×【3番人気以内】の組合せでは、【27-14-10-24】と勝率36.0%、連対率54.7%、複勝率68.0%と数値は上昇する。今回、スカイグルーヴが当日3番人気以内に入るようなら好材料が揃うことになるだけに期待したい。

◆【京王杯スプリングカップ2022/人気傾向】過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【京王杯SC2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/京王杯スプリングカップ2021】1番人気ラウダシオンが後続の猛追を抑えて1年ぶりとなる重賞2勝目

ヴィクトリアマイル 2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】レイパパレを上回る「S」評価の“惑星” タイトル奪取へ「待ったなし」

◆【A評価】GI馬5頭のうち高評価「A」の1頭 前走“メイチ”も「体調は高値安定」

◆【A評価】GI未勝利馬に“文句なし”の高評価 「精神面が研ぎ澄まされている」

◆【B評価】力強い伸び脚もソダシに辛口「B」評価 「まだ唸るような気迫は…」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】非凡な末脚を持つ人気馬は“消し”評価 「前傾ラップに戸惑う」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多3勝「3枠」にソダシが入る 過去10年“連対ゼロ”の1枠にデアリングタクト

◆【血統傾向】充実期を迎えた想定“10人気”前後の穴馬が、単回収値「168」データに該当

◆【脚質傾向】上がり最速より「2位以下」が優勢 「盲点は好位差しに潜む」

◆【前走ローテ】阪神牝馬S組に“穴馬”多数 「GI馬を差し置いて注目の存在」

◆【人気傾向】オッズ拮抗の1人気は“危険” 「狙いは10人気以下の大穴」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします