【オークス/前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

22日に東京競馬場で開催される第83回オークス(GI、芝2400m)のデータを紹介する。

桜花賞を7番人気で制したスターズオンアース、同2着のウォーターナビレラ、同4着からの巻き返しを狙う2歳女王・サークルオブライフ、チューリップ賞勝ちのナミュールらが出走予定。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

■桜4着以下からの戴冠はわずか1頭

過去10年、前走・桜花賞組は【7-5-4-63】と別路線組を圧倒し、馬券内30頭のうち過半数の16頭が絡んでいる。以下、前走・忘れな草賞組は【2-0-1-8】と複勝率27.3%とアベレージが高く、前走・フローラS組は【1-4-3-37】で馬券内8頭と好走例が多い。

桜花賞 【7-5-4-63】 勝率8.9%、連対率15.2%、複勝率20.3%
フローラS 【1-4-3-37】 勝率2.2%、連対率11.1%、複勝率17.8%
忘れな草賞 【2-0-1-8】 勝率18.2%、連対率18.2%、複勝率27.3%
スイートピーS 【0-1-0-15】 勝率0.0%、連対率6.3%、複勝率6.3%
矢車賞 【0-0-1-5】 勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率26.7%
皐月賞 【0-0-1-0】 勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率100.0%

前走・桜花賞組を着順別に見ると、1着馬は【3-1-0-4】、2着馬は【1-1-2-3】、3着馬は【2-1-1-6】。4着以下は【1-2-1-50】とオークス戴冠は1頭しかおらず、2013年のメイショウマンボが桜花賞10着から巻き返している。今年、桜花賞4着のサークルオブライフ、同10着のナミュールらはデータ上、厳しい戦いになる。

前走・フローラS組は、昨年3番人気のユーバーレーベンが制し、2020年はウインマリリンが7番人気2着。2017年にはモズカッチャンが6番人気2着、16年はビッシュが5番人気3着、13年はエバーブロッサムが5番人気2着、12年はアイスフォーリスが9番人気3着と、伏兵の好走例が多い。

前走・フローラS組の着順別は、1着馬【0-3-1-6】、2着馬【0-1-1-7】、3着馬【1-0-0-7】、4着以下【0-0-1-17】。今年、フローラS1着のエリカヴィータ、同2着のパーソナルハイ、同3着のシンシアウィッシュ(抽選対象)らにもチャンスはある。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

◆【オークス(優駿牝馬)2022/脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします