【ヴィクトリアM/騎手データ】ソングラインに黄信号 一発が見込める注目の人馬とは

15日は東京競馬場で牝馬最強マイラーを決めるヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)が行われます。

創設は2006年と数あるGIの中では新しいレースで、2015年にはGIで歴代最高となる3連単2000万馬券が記録されました。フタ桁人気馬の激走が目立つレースでもあり、穴馬&穴騎手には警戒が必要です。

今回は2006年以降の過去データを基に気になる騎手データを見ていきます。

◆【オークス2022/人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

【オークス/人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

■松岡正海騎手、幸英明騎手に一発の可能性

騎手ごとに騎乗数の違いは見られますが、騎手によって得意・不得意がはっきり分かれるレースであることが見えてきます。

[2006年以降]ヴィクトリアマイルの騎手別成績

過去騎乗数は少なめですが、松岡正海騎手、幸英明騎手の両名は着順と人気のバランスに優れ、連対率も優秀な数値です。

松岡正海騎手は2007年に12番人気のコイウタを1着に導くと、以降の3鞍も人気以上の着順を確保していますね。戦法も先行、差し、追い込みと自在でひとつでも上の着順を目指して騎乗しているのかもしれません。

同騎手は前日15番人気のクリノプレミアム(牝5、美浦・伊藤伸一厩舎)に騎乗予定。重賞連続好走中ながら全く人気はありませんが、果たして人気以上の激走は見られるのでしょうか。

また、過去騎乗数こそ2鞍に限られるものの、ジュールポレールに跨り2017年3着(7人気)、2018年1着(8人気)と人気薄の馬で2年連続穴を開けたのが幸英明騎手です。牝馬GIで活躍の目立つ騎手で、ここでも強さを発揮できているようです。

その幸英明騎手が跨るのが昨年のエリザベス女王杯優勝馬で前日9番人気のアカイイト(牝5、栗東・中竹和也厩舎)。初のマイルが嫌われている印象ですが、同騎手が跨りかつヴィクトリアマイルに参戦してきた以上絶対に軽視はできません。

◆【オークス2022/脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

【オークス/脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

■C.ルメール騎手は人気次第か

続いて連対率(勝率)50%と高い数値を誇るC.ルメール騎手について見ていきましょう。

一昨年のアーモンドアイ(1人気1着)、昨年のグランアレグリア(1人気1着)は力が抜けていましたが、2017年には6番人気のアドマイヤリードを優勝に導いていて、人気薄でも注意が必要な騎手です。他3鞍の結果を見てもほぼ人気通りの結果を残せていますから、当日の人気が重要かもしれませんね。

同騎手は前日5番人気のファインルージュ(牝4、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗予定。当日3番人気以内に推されるようならマークしてみてください。

◆【オークス2022/前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

【オークス/前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

■池添謙一騎手、M.デムーロ騎手は過信禁物

最後に背負う人気と比べると着順の落ち込みが目立つ池添謙一騎手、M.デムーロ騎手について見ていきましょう。

GIで勝負強い騎乗が見られる池添謙一騎手ですが、2016年のショウナンパンドラ(2人気)で3着があるものの、07年のスイープトウショウ(2人気9着)、13年のサウンドオブハート(3人気14着)のように人気馬で大きく崩れるケースが見られました。また、M.デムーロ騎手は2018年のアドマイヤリード(2人気8着)をはじめ、2016年以降に騎乗した6鞍で人気以下の着順に終わっています。このレースを苦手としているのかもしれませんね。

なお、池添謙一騎手は前日4番人気のソングライン(牝4、美浦・林徹厩舎)、M.デムーロ騎手は前日14番人気のミスニューヨーク(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗予定。とりわけソングラインは上位人気の1頭ですから、慎重に判断する必要がありそうです。

以上、ヴィクトリアマイルの気になる騎手データでした。今回はデータ注目騎手として松岡正海騎手、幸英明騎手の2名を推奨します。

▼その他、データ予想
◆【ヴィクトリアマイル2022予想/データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

【ヴィクトリアM/データ攻略-前編】レイパパレとデアリングタクトに明暗、注目の“100%”と“ゼロ”データとは

◆【ヴィクトリアマイル2022予想/データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

【ヴィクトリアM/データ攻略-後編】荒れるレースで注目すべき伏兵 馬券内率100%の「人」でGI初制覇へ

ヴィクトリアマイル2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】レイパパレを上回る「S」評価の“惑星” タイトル奪取へ「待ったなし」

◆【A評価】GI馬5頭のうち高評価「A」の1頭 前走“メイチ”も「体調は高値安定」

◆【A評価】GI未勝利馬に“文句なし”の高評価 「精神面が研ぎ澄まされている」

◆【B評価】力強い伸び脚もソダシに辛口「B」評価 「まだ唸るような気迫は…」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以上の盲点 「激走の条件は揃っている」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“40倍”前後の伏兵 安定した取り口で「馬券圏内」に

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 絶好のパートナーで「大番狂わせ」を狙う

◆【危険な人気馬】非凡な末脚を持つ人気馬は“消し”評価 「前傾ラップに戸惑う」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多3勝「3枠」にソダシが入る 過去10年“連対ゼロ”の1枠にデアリングタクト

◆【血統傾向】充実期を迎えた想定“10人気”前後の穴馬が、単回収値「168」データに該当

◆【脚質傾向】上がり最速より「2位以下」が優勢 「盲点は好位差しに潜む」

◆【前走ローテ】阪神牝馬S組に“穴馬”多数 「GI馬を差し置いて注目の存在」

◆【人気傾向】オッズ拮抗の1人気は“危険” 「狙いは10人気以下の大穴」

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします