【オークス/データ攻略-前編】桜花賞1、2着馬に明暗 馬券内率“80%”と“ゼロ”データとは

今週は東京競馬場でオークス(芝2400m)が行われる。

阪神ジュベナイルF、桜花賞はいずれも1-2人気が馬券外に敗れる結果に。確たる中心馬不在の今年の3歳牝馬路線は混戦ムードを漂わせる。昨年と同じく波乱決着の可能性は十分だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

【オークス/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

■スターズオンアースを後押しする「馬券内率80%」データ

デビュー以降、いまだ馬券外がない安定株。前走桜花賞は決してスムーズなレースとは言えなかったが、馬群をこじあけるように鋭進し桜の女王の座に輝いた。二冠を目指す今回は大外枠の壁が立ちはだかるが、それを乗り越える可能性が見出せるデータがこちら。

・クイーンカップ→桜花賞のローテで桜花賞3着内だった馬【0-2-2-1】

馬券内率は80%。エフティマイアやヴィルシーナ、ホエールキャプチャにクロノジェネシスがこのローテーションで馬券内を確保した。桜花賞が外回りに替わった2007年以降、クイーンカップ組に鬼門の桜花賞で3着内は高い価値があることを示すデータだ。今回はC.ルメールへの乗り替わりだが、同騎手は今年の東京芝重賞で【0-4-0-2】。二冠に向けてデータ面での後押しは心強い。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

【オークス/追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

■ウォーターナビレラに立ちはだかる「前走大幅馬体重減」の壁

前走桜花賞は勝ち馬とハナ差の2着。世代トップクラスの実力を改めて証明したのがウォーターナビレラだ。距離ロスなく走れる最内枠をゲットした今回は陣営のトーンも上り調子。悲願のGI制覇に突き進みたいところだが……気がかりなデータを発見してしまった。

・桜花賞でマイナス10キロ以上の馬体重だった馬【0-0-0-11】

アユサンやローブティサージュといったGI馬も該当したこのデータ。1頭も馬券内を確保することができておらず、短期間での立て直しは想像以上に困難なミッションなのだろう。ウォーターナビレラの前走桜花賞はいかにも勝負仕上げの感あり。差し有利のレース傾向も含めて、今回は不安材料が先行してしまう印象を受ける。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/データ攻略-後編】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

【オークス/データ攻略-後編】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

▼その他、データ予想
◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

【オークス/騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

オークス(優駿牝馬)2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

◆【追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

◆【追い切り診断】別路線組の有力馬に不満の「B」評価 「前走からの上積みを感じない」

◆【追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“30倍”前後の盲点 実績からも「波乱の使者となる資格は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 前走から条件好転で「大駆けの可能性」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・スターズオンアースは大外8枠18番 勝率0%の“鬼門”に有力馬

◆【血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

◆【脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

◆【前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

◆【人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

平安ステークス2022 データコラム一覧

◆【平安ステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022予想/前走ローテ】動く過去9年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去9年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/平安ステークス2021】2番人気オーヴェルニュが6馬身差をつけるコースレコード勝ち

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022オークス-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします