【オークス/追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

■サークルオブライフ

【中間調整】2歳女王として臨んだ前走・桜花賞は18頭立て16番枠、道中の位置取りは中団後方。直線ではグングン伸びたものの、結局イン前有利の展開に泣いた格好で4着に終わっている。上がりはメンバー最速で、いかにも東京に舞台が変われば上昇がありそうなレース内容だった。チューリップ賞、桜花賞と休み明けから2回の阪神遠征をこなしたが、そこまでの疲れはなかったらしく在厩で調整されている。4月27日にウッドで14-14を消化したのが中間の初時計。翌週の併せ馬では遅れ入線に終わったが、時計としてはまずまずだった。1週前追いは内を回った分もあったが、ウッド併せ馬で5F64秒0(馬なり)と自己ベストの時計をマーク。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】別路線組の有力馬に不満の「B」評価 「前走からの上積みを感じない」

【オークス/追い切り診断】別路線組の有力馬に不満の「B」評価 「前走からの上積みを感じない」

【最終追い切り】前週に猛時計を出しており、仕上げはほぼ完了。当週は終いの伸びを確認する程度の内容をこなした。外先導で内から来る2頭を迎え撃ち、序盤はピタッと折り合う。体が並んだ直線では相手に合わせる格好でまったく無理をさせず、それぞれと併入を果たした。気負い過ぎず、それでいて自然にピッチが上がっていたあたり体調面はすこぶる良さそう。

【見解】体を立派に見せ、時計を出し始めた当初はモタつく場面もあったが、先週のハード追いで一気に再上昇。今週は素軽さ満点で、いかにも距離延長に対応できそうな雰囲気があったのはいい。気配は高値で安定。

総合評価「A」

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

【オークス/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

【オークス/追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

オークス(優駿牝馬)2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“30倍”前後の盲点 実績からも「波乱の使者となる資格は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 前走から条件好転で「大駆けの可能性」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

▼データ予想
◆【騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

◆【データ攻略-前編】桜花賞1、2着馬に明暗 馬券内率“80%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・スターズオンアースは大外8枠18番 勝率0%の“鬼門”に有力馬

◆【血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

◆【脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

◆【前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

◆【人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

平安ステークス2022 データコラム一覧

◆【平安ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022/前走ローテ】動く過去9年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去9年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/平安ステークス2021】2番人気オーヴェルニュが6馬身差をつけるコースレコード勝ち

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします