【オークス/追い切り診断】別路線組の有力馬に不満の「B」評価 「前走からの上積みを感じない」

■アートハウス

【中間調整】前走の忘れな草賞が4カ月ぶりの出走。少頭数のレースらしくスローで流れ、レースラップはラスト3Fが34秒4(11秒7-11秒6-11秒1)という切れ味勝負となったが、アートハウスはメンバー最速34秒0の末脚で中団馬群から抜け出し、あっさり勝ち切ってみせた。才能の非凡さは疑う余地なし。その後は目標のオークスに向け、在厩で調整されている。当初は久々で好走した反動からの回復に時間を割き、4月29日に坂路ラスト2F13秒3-12秒7(馬なり)をマーク。まずまず順調な立ち上がりを見せている。CWでの1週前追いには川田騎手が騎乗し、忘れな草賞を思わせるかのような尻上がりの切れ味から、大きく追走先着を果たした。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

【オークス/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

【最終追い切り】これまでの3戦、最終追いはすべてコース追い(CW→芝→CW)だったが、初めてとなる関東への輸送を考慮してか今回は坂路追いでの最終追いに切り替えてきた。この日も川田騎手が騎乗し、目標とした古馬2勝クラスへ楽に取り付き併走。やや気負いを感じさせるが、まずまずのバランスを保ち、最後はゴーサインに反応してアタマほどの先着を果たしている。

【見解】中間の乗り出しが遅くなったのは、前走快勝の反動が少なからずあったのかもしれない。1週前のCW追いは豪快だったが、前走時からの大きな上積みまでは感じられなかった。最終追いを坂路へ切り替えた慎重策も体調面の上積みより、精神面のバランス調整を取らざるを得なかったと見るべきかも。それらをすべて杞憂に終わらせる大器……という可能性は秘めるが、人気ほどの信頼は置きづらい。

総合評価「B」

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

【オークス/追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

【オークス/追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

オークス(優駿牝馬)2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“30倍”前後の盲点 実績からも「波乱の使者となる資格は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 前走から条件好転で「大駆けの可能性」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

▼データ予想
◆【騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

◆【データ攻略-前編】桜花賞1、2着馬に明暗 馬券内率“80%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・スターズオンアースは大外8枠18番 勝率0%の“鬼門”に有力馬

◆【血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

◆【脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

◆【前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

◆【人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

平安ステークス2022 データコラム一覧

◆【平安ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022/前走ローテ】動く過去9年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去9年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【平安ステークス2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【平安ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/平安ステークス2021】2番人気オーヴェルニュが6馬身差をつけるコースレコード勝ち

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします