【オークス/穴ライズ】想定“30倍”前後の盲点 実績からも「波乱の使者となる資格は十分」

過去10年、オークスでの1番人気馬の成績は【5-2-1-2】。さらに2番人気馬が【1-3-3-3】、3番人気馬が【3-0-1-6】と、総じて上位人気馬が強い傾向にある。無理な穴狙いは禁物だが、2013年には9番人気のメイショウマンボが勝利したり、昨年は16番人気の伏兵ハギノピリナが3着に激走するなど、決して穴党の出番がないわけではない。

12年から21年までの馬券圏内30頭の臨戦過程を見てみると、ひとつの明らかな傾向が浮かび上がる。それは30頭のうち、26頭もが前走で掲示板に載っていた馬たちだった。近年においては、前述のハギノピリナが矢車賞1着からオークスに出走し16番人気3着。20年の7番人気2着ウインマリリンはフローラS優勝から、同年13番人気3着のウインマイティーは忘れな草賞を勝利してから、19年の12番人気2着のカレンブーケドールはスイートピーS1着から本番に臨んでいた。これらのことから、レースを問わず前走好走の勢いは重要であるということが言える。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定“10人気”前後の伏兵 前走から条件好転で「大駆けの可能性」

【オークス/穴ライズ】想定“10人気”前後の伏兵 前走から条件好転で「大駆けの可能性」

一方、漏れた4頭は、2017年の桜花賞12着のアドマイヤミヤビ、17年の桜花賞9着のルージュバック、14年の皐月賞11着のバウンスシャッセ、13年の桜花賞10着のメイショウマンボと、いずれも前走がGI競走。牡馬クラシックのバウンスシャッセはレアケースなので例外として、アドマイヤミヤビは桜花賞で2番人気、ルージュバックは同1番人気、メイショウマンボは同4番人気と、それぞれが3歳牝馬クラシック初戦において人気を背負っていた。仁川のマイルでは涙をのんだが、府中の2400mで逆襲するシーンは十分あり得る。

つまり、オークスで狙うべきは「前走掲示板以上の馬」か、「桜花賞で人気を背負った大敗馬」。伏兵はこの中に潜んでいると見た。

■ピンハイ

2走前のチューリップ賞でナミュールと差のない競馬をしていたが、これがフロック視されたようで前走の桜花賞では13番人気どまり。あくまで伏兵の一頭だったが、後方のラチ沿いで脚を溜めると、直線では馬郡を縫うようにして鋭く伸び、勝ち馬スターズオンアースから0秒1差、サークルオブライフとはクビ差の5着と大健闘。馬券には絡まなかったものの、自身のポテンシャルの高さを証明してみせた。

新馬戦では上がり3Fで1位、チューリップ賞と桜花賞ではそれぞれ2位と鋭い決め手を持っており、これは東京の長い直線で大きな武器になる。また、馬体を併せてからもうひと伸びするタイプで、この負けん気の強さが未知の2400mで活きると見た。下馬評ほど上位人気馬との差はない。

桜花賞のときにも述べたが、懸念点は馬体重に尽きる。今回は初の関東遠征ということもあり、馬格がないだけに輸送でどこまで体重をキープできるかが焦点。波乱の使者となる資格は十分なので、大きく減っていなかったら積極的に馬券に組み込んでいきたい。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/穴馬アナライズVol.1】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

【オークス/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「好条件を味方に激走に期待」

▼その他、穴馬予想
◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

【オークス/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「器用な脚が使えない」

オークス(優駿牝馬)2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

◆【追い切り診断】2歳女王サークルオブライフに高評価 先週のハード追いで「一気に再上昇」

◆【追い切り診断】別路線組の有力馬に不満の「B」評価 「前走からの上積みを感じない」

◆【追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「能力全開で距離を克服」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】桜花賞1、2着馬に明暗 馬券内率“80%”と“ゼロ”データとは

◆【データ攻略-後編】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

◆【騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】桜花賞馬・スターズオンアースは大外8枠18番 勝率0%の“鬼門”に有力馬

◆【血統傾向】府中の大舞台で輝く“本命”と“大穴” 「父から仔へ受け継ぐ適性」

◆【脚質傾向】桜花賞馬の“ポジション”に注目 「優勝候補は4角7番手以下の馬」

◆【前走ローテ】サークルオブライフとナミュールに警鐘 「桜花賞4着以下の成績は…」

◆【人気傾向】1番人気が勝率5割も、単勝“2桁”人気の「ヒモ荒れを狙うのがセオリー」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-オークス編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします