【オークス/馬場情報】東京芝は「稍重」スタート 完全に“外差し”馬場か

第83回オークス(GI、芝2400m)が行われる東京競馬場の馬場情報が22日、JRAより発表された。東京は芝・ダートともに「稍重」の発表。芝のクッション値は「8.9/標準」、芝の含水率はゴール前「17.9%」、4コーナー「16.6%」と計測された。芝のクッション値は前日「9.4/標準」より軟化した。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/追い切り診断】サークルオブライフを上回る最高評価「S」 「操縦性やメンタルもばっちり」

■昨年は先行馬総崩れのオークス

日曜当日は曇りの予報だが、金曜に17.0ミリメートルの雨量が観測された影響で、土曜から芝・ダートともに「稍重」で開催。東京11R・メイS(カレンシュトラウス)の勝ち時計1分46秒3は昨年と同タイムだが、その昨年も雨の影響が残っていた。

昨年のオークス(ユーバーレーベン)は先行馬総崩れで差し・追込が上位を独占。昨年は芝のクッション値「9.4/標準」ながら、含水率はゴール前「16.6%」、4コーナー「16.1%」と高く、今年も昨年に近い馬場コンディションと言える。

東京芝は先週から、Aコースから3メートル外に内柵を移動したBコース。しかし、コース全周の内柵沿いに芝の痛みが見られ、元来、イン有利のはずが、内ラチから3、4頭ぶん外での追い比べが繰り広げられている。土曜芝のレースでは真ん中より外の枠に入った差し・追込の台頭が目立つ。オークスも「外差し」には警戒したい。

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/騎手データ】桜花賞馬に騎乗のルメールを警戒も 注目は条件合致で「連対率75%」の“名手”

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/データ攻略】桜花賞敗戦で“人気落ち”の妙味 得意条件で「馬券内率100%」が後押し

◆【オークス(優駿牝馬)2022予想/穴馬アナライズ】想定“30倍”前後の盲点 実績からも「波乱の使者となる資格は十分」

当日/5月22日(日曜)

含水率
┗ゴール前=芝17.9%|ダ8.4%
┗4コーナー=芝16.6%|ダ8.8%
芝のクッション値=8.9[標準]

前日/5月21日(土曜)

含水率
┗ゴール前=芝14.7%|ダ4.0%
┗4コーナー=芝13.3%|ダ3.9%
芝のクッション値=9.4[標準]

前年/5月23日(オークス当日)

含水率
┗ゴール前=芝16.6%|ダ8.5%
┗4コーナー=芝16.1%|ダ8.0%
芝のクッション値=9.4[標準]

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします