【今週の決戦】帰国後初、聖地のマウンドを踏む楽天・田中将大を阪神・佐藤輝明が迎え「打つ」

甲子園で行われる交流戦開幕カードは、借金12のセ・リーグ最下位の阪神タイガースと貯金11のパ・リーグ首位の東北楽天ゴールデンイーグルスという対照的なチームの対決。

◆【今週の決戦】高卒5年目同期、ドラ1・清宮幸太郎 vs. ハズレ1位・村上宗隆の注目対決

■9年ぶりに甲子園のマウンドに立つ田中将大

中でも24日の第1戦に先発予定の田中将大のピッチングに注目したい。

言わずと知れた日本が誇る大投手“マー君”にとって甲子園は、駒大苫小牧高時代の2年夏に優勝し、3年夏には決勝戦で早稲田実業高の斎藤佑樹と投げ合い、引き分け再試合の大熱戦を演じた地だ。

プロ入り後の甲子園は、阪神戦3試合とオリックス戦1試合の計4試合に登板し2勝1敗という成績。今回、2013年5月28日の阪神戦以来、自身9年ぶりの聖地マウンドはメジャー移籍後、つまり帰国後初めてとなる。

今季はここまで7試合で4勝2敗、防御率1.89の成績を残しているが、阪神を相手には昨年6月12日に楽天生命パーク宮城での試合に先発し、7回5安打3失点で負け投手となっている。3連敗中のチームを救うと同時に、自身の“リベンジ”を果たすことができるか。

その田中投手から豪快なアーチを放ったのが、佐藤輝明だ。初対戦となった昨年6月12日の試合で、センターフライに倒れた後の第2打席でストレートをライト前に弾き返すと、続く第3打席ではスライダーを捉えてライトスタンドへ放り込んだ。

プロ2年目の今季は、ここまで打率.288、10本塁打、24打点。開幕4番から一時期は2番、3番と打順を変えていたが、5月7日からは4番に復帰し、15日のDeNA戦で8号・9号、18日のヤクルト戦で10号の本塁打を放つなど調子を上げてきている。

昨季18試合で打率.296、6本塁打、12打点をマークした交流戦で、さらなる上昇気流に乗りたいところだ。

否が応でも注目が集まる「甲子園マウンドの田中将大」、その大投手に挑む「虎の4番・佐藤輝明」、この対決を見逃してはならない。

◆阪神・佐藤輝〝2年目の成長〟にメジャースカウトが熱視線 「打ち取りにくい打者」へ着実に変貌

◆阪神・藤浪晋太郎が制球難克服に向け取り入れるべきあの技術とは…

◆楽天、飛躍のカギは新助っ人と再起誓う韋駄天 求められる石井GM兼任監督の“独自色”

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします