【サッカー】「全員、超人」パリ・サンジェルマンFCが7月に“襲来” 川崎、浦和、ガンバと対戦へ

記者会見に登壇したパトリック・エムボマ氏(左)とPSGアジア太平洋地域セバスチャン・バゼル代表(写真:SPREAD編集部)

「Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022」実行委員会は26日、東京・六本木にあるザ・リッツカールトン東京にて記者会見を行い、フランスのリーグ・アンの名門チーム、パリ・サンジェルマンFC(PSG)が7月20日の国立競技場を皮切りに、3試合を開催すると発表した。

◆PSG来日ツアーで1000万円のNFTチケットを販売へ

■「日本はサンジェルマンにとって重要な戦略対象」

(写真:SPREAD編集部)

PSGにはムバッペネイマールメッシが所属、「新・銀河系軍団」とも評されている。試合は7月20日、国立競技場にて川崎フロンターレ戦、23日に埼玉スタジアム2002にて浦和レッズ戦、そして25日にはパナソニックスタジアム吹田にてガンバ大阪戦が予定されている。

記者会見に先立ち、TBSの横井仁取締役は「このイベントが東京五輪からパリ五輪への架け橋になれば」と挨拶。また、本ツアーの公式アンバサダーとして、鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良がオンラインで「ひさしぶりにビッグクラブが来日、こうしたイベントに参加できて光栄に思う」とコメントを届けた。

鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良(写真:SPREAD編集部)

続いて、PSGアジア太平洋地域セバスチャン・バゼル代表が登壇、「Jリーグ30周年を祝うので『誕生日おめでとう!』と言わせてください。ご存知の通り、ムバッペ選手との契約更新ができその上、日本ツアーの発表ができ、喜ばしい限り」と英語でスピーチを行った。

メッシ(写真:SPREAD編集部)

さらに「日本はサンジェルマンにとって重要な戦略対象。これまでも東京、名古屋にサンジェルマンストアをオープン。7月には新しいニュースをみなさんにお届けしたい」と締めくくった。

会場にはPSGのムバッペ、ネイマール、メッシからもビデオ・メッセージが届けられ、ムバッペは「日本のみなさん、こんにちは。日本で会いましょう」、ネイマールも「日本で会いましょう」とそれぞれ日本語で挨拶した。

ネイマール(写真:SPREAD編集部)

3試合のチケットは5月27日からオンラインで販売される。

◆PSG来日ツアーで1000万円のNFTチケットを販売へ

◆三浦知良、サントス“後輩”ネイマールと「海岸で一緒にプレーしたい」PSGツアーアンバサダー就任

◆キリアン・ムバッペ?エムバペ?名前の読み方で大混乱…FIFAの呼び方は?

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします