【日本ダービー/データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

今週は東京競馬場で日本ダービー(芝2400m)が行われる。

大混戦の皐月賞を経て、ダービーは「4強」ムードに。皐月賞と同じく有力馬が外枠を引いたシチュエーションをどう捉えるか、そしてジオグリフの皐月賞がフロックではないのかどうか……見るべきポイントは山積みだ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

【日本ダービー/データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

■ジオグリフを後押しする「馬券内率100%」

2度の敗戦を経て臨んだ前走皐月賞。5人気まで評価を落としていたものの、それを嘲笑うかのような完勝劇を演じたのがジオグリフだ。二冠を目指す今回もまた確固たる評価を得ている印象にはないが、1強ムードを強調できるデータがこちら。

・東京芝で上がり3F最速勝ちのある皐月賞馬【2-1-1-0】

馬券内率は驚異の100%。コントレイルやドゥラメンテ、エフフォーリアにディーマジェスティがこのデータに該当したことで馬券内を確保した。東京での切れ味と中山での機動力、その両方を満たす馬には高い価値があることを示すデータだ。6月下旬と暑さ際立つ東京芝1800mで上がり最速勝利を収めたジオグリフ。二冠に向けてデータ面での後押しは心強い。

■イクイノックスに吹き荒れる「8枠」

ジオグリフの二冠阻止にもっとも近い存在といえるのが皐月賞2着馬・イクイノックス。新馬戦、東スポ杯2歳Sと左回りで他を寄せ付けない勝利を飾っており、左回り替わりは間違いなく歓迎のクチ。逆転に向けて虎視眈々……そんな同馬に向かい風となるのが以下のデータだ。

・8枠の成績【1-0-1-28】

注目は枠順×脚質の関係性。この枠から好走をはたしたワグネリアン、アドミラブルには4角4番手以内での重賞勝利実績あり。この条件を満たさず、後方待機策で東スポ杯2歳Sを制したイクイノックスにとってベストの脚質が末脚を活かすものであることは明白だ。同じ大外枠でオークスを制したC.ルメール騎乗とはいえ、条件は厳しいと言わざるを得ない。

▼その他、データ予想

◆【データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

【日本ダービー/データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

◆【騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

【日本ダービー/騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

日本ダービー(東京優駿)2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

◆【追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

◆【追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“15人気”前後の爆穴 「距離延長は大歓迎のクチ」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

◆【危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【馬場情報】東京芝は回復傾向 土曜は“1枠”が2勝も実際は……

◆【枠順】想定1人気イクイノックスは大外8枠18番 過去10年で馬券内率わずか「6.7%」の鬼門

◆【血統傾向】単回収値「268」に“跳ねる”好条件の伏兵 「ジンクスを打破する一発に期待」

◆【脚質傾向】ダービーポジションは「2~5番手」 皐月賞上位組に全幅の信頼

◆【前走ローテ】過去10年で7勝の皐月賞組 イクイノックスとダノンベルーガに勝機

◆【人気傾向】4年連続で馬券内は「2番人気」 1番人気の戴冠はわずか3頭

目黒記念2022 データコラム一覧

◆【目黒記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/目黒記念2021】8番人気ウインキートスが2馬身差をつける激走で重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022日本ダービー-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします