【日本ダービー/データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

前編ではジオグリフイクイノックスのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

【日本ダービー/データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

■データが導く2022日本ダービーの穴馬候補は

<穴候補1 ジャスティンパレス>

無傷の2連勝で挑んだホープフルSはキラーアビリティの2着。年明けはステップレースを使われることなく皐月賞へと参戦したが9着に敗れた。フタ桁人気が予想される今回、はたしてデータ面での後押しはあるのだろうか。

・関西所属のディープインパクト産駒→7年連続馬券内

特筆すべきは2歳時の内容にある。オール野芝の9月中京で勝ち上がった馬だが、当時はまだ残暑厳しい季節。加えて高速決着を誘発するオール野芝はダービーデーの馬場想定とかなり近いものだ。今年のダービーは気温30度超えが濃厚。暑さへの適性と高速馬場への適性、その両方を兼ね備える同馬に血統面の後押しがあれば波乱の使者としての資格は十分だ。

<穴候補2 ダノンベルーガ>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りかもしれないが、上位馬の人気が割れそうな今年のメンバーではオッズ妙味がある1頭。皐月賞上位組へのリベンジ・マッチに挑むこの馬で強調したいデータがこちら。

・共同通信杯勝ち馬かつ東京で2勝以上【0-3-1-0】

イスラボニータ、ダノンキングリー、エフフォーリアなどが該当していたこのデータ。これらはすべて前走皐月賞組、ダノンキングリーのように中山→東京替わりがプラスに働いたことによる着順アップもあった。ダノンベルーガ自身、東京芝では2戦2勝。ジオグリフを下した得意舞台での巻き返しを警戒したい。

▼その他、データ予想

◆【データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

【日本ダービー/データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

【日本ダービー/騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

日本ダービー(東京優駿)2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

◆【追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

◆【追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“15人気”前後の爆穴 「距離延長は大歓迎のクチ」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

◆【危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【馬場情報】東京芝は回復傾向 土曜は“1枠”が2勝も実際は……

◆【枠順】想定1人気イクイノックスは大外8枠18番 過去10年で馬券内率わずか「6.7%」の鬼門

◆【血統傾向】単回収値「268」に“跳ねる”好条件の伏兵 「ジンクスを打破する一発に期待」

◆【脚質傾向】ダービーポジションは「2~5番手」 皐月賞上位組に全幅の信頼

◆【前走ローテ】過去10年で7勝の皐月賞組 イクイノックスとダノンベルーガに勝機

◆【人気傾向】4年連続で馬券内は「2番人気」 1番人気の戴冠はわずか3頭

目黒記念2022 データコラム一覧

◆【目黒記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/目黒記念2021】8番人気ウインキートスが2馬身差をつける激走で重賞初制覇

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022日本ダービー-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします