【日本ダービー/追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

■ダノンベルーガ

【中間調整】キャリア2戦目で共同通信杯を快勝。トモに不安があるとのことで日本ダービーへ直行する可能性もあったが、回復と調整がことのほか順調だったことから一転、皐月賞へ出走。結果は4着に終わったが、終始馬場の悪い内側を通ってスタミナを削られたことを考えれば負けて強しの内容だった。その後は大目標のダービーに向け、在厩で調整。じっくりケアして疲れを取り、5月5日のウッドで15-15を消化。以降15-15、14-14と徐々にペースを上げていく。19日には川田騎手が騎乗し、ウッドで1週前追い切りを行った。序盤から意識的に飛ばした分、最後は若干だけ苦しそうではあったが、鞍上の叱咤に応えて5F62秒4-1F11秒0(強め)と極上の時計を叩き出している。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

【日本ダービー/追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

【最終追い切り】1週前の動きで既に十分と言えたが、レース当週のウッド併せ馬でもある程度の時計をマーク。後方から相手が迫ってきてもリズムをまったく崩さず、自分の走りに集中できていた。

【見解】本来ダービーが目標のところ皐月賞で仕上がり過ぎてしまった……という嫌いもなくはないが、この中間の動きを見るに単なる杞憂に終わりそう。1週前の時計は圧巻だったし、テンションを気遣って中間は単走オンリーだったのが、最後のスパイスとばかり最終追いで併せ馬をこなせたあたりも状態面の良さを物語る。能力全開必至だ。

総合評価「A」

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

【日本ダービー/追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

【日本ダービー/追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

日本ダービー(東京優駿)2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“15人気”前後の爆穴 「距離延長は大歓迎のクチ」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

◆【危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

▼データ予想
◆【騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

◆【データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

▼その他、過去10年データ傾向
◆【馬場情報】東京芝は回復傾向 土曜は“1枠”が2勝も実際は……

◆【枠順】想定1人気イクイノックスは大外8枠18番 過去10年で馬券内率わずか「6.7%」の鬼門

◆【血統傾向】単回収値「268」に“跳ねる”好条件の伏兵 「ジンクスを打破する一発に期待」

◆【脚質傾向】ダービーポジションは「2~5番手」 皐月賞上位組に全幅の信頼

◆【前走ローテ】過去10年で7勝の皐月賞組 イクイノックスとダノンベルーガに勝機

◆【人気傾向】4年連続で馬券内は「2番人気」 1番人気の戴冠はわずか3頭

目黒記念2022 データコラム一覧

◆【目黒記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/目黒記念2021】8番人気ウインキートスが2馬身差をつける激走で重賞初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします