【日本ダービー/追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

■ドウデュース

【中間調整】前走の皐月賞は道中16番手あたり追走から、最終4コーナーでは大外を回って直線へ。手応えよくメンバー最速の末脚でグイグイ伸びてきたが、0秒3差の3着に終わっている。その後、陣営はダービーに向け在厩での調整を選択。GI惜敗の反動はそこまでではなかったらしく、使った分の上積みだけありそうな状況だ。初時計はレース4週間前の5月1日で、これは同様に中5週だった弥生賞⇒皐月賞の中間より早い。その後坂路、コース、プールを併用して意欲的な調整を施されており、疲れは一切感じさせないのがいい。1週前追いには武豊騎手が騎乗し序盤からある程度のラップを刻むと、ラストはグイグイ負荷を掛けられ圧巻の3F35秒5-1F11秒2(一杯)をマーク。時計そのものも凄かったが、いったん抜け出してフワッとなりかけたところで鞍上が仕掛け、気持ちを再着火できていたあたりも秀逸だった。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

【日本ダービー/追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

【最終追い切り】前走・皐月賞同様、関東への輸送を控えるレース当週はポリトラックで流す程度の内容を消化。いい意味で“遊び”を感じさせる雰囲気で道中は進み、外ラチ沿いに誘導された直線では一転ピリッとした雰囲気からスムーズに加速できていた。メリハリがあり、距離延長にまったく不安なしといった雰囲気だ。

【見解】ここへ来て体調がグングン良くなっているのか、弥生賞、皐月賞と関東で強い相手とタフな内容をこなしたダメージからの回復が早く、理想的な調整過程で来れている。特に今回は前走の中間よりいい状況で、攻めを一気に強めてきた。それでいて精神面でも堂々とできているのはなにより。世代の頂点にいちばん近いのはこの馬だろう。

総合評価「S」

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

【日本ダービー/追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

【日本ダービー/追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

日本ダービー(東京優駿)2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“15人気”前後の爆穴 「距離延長は大歓迎のクチ」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

◆【危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

▼データ予想
◆【騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

◆【データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

▼その他、過去10年データ傾向
◆【馬場情報】東京芝は回復傾向 土曜は“1枠”が2勝も実際は……

◆【枠順】想定1人気イクイノックスは大外8枠18番 過去10年で馬券内率わずか「6.7%」の鬼門

◆【血統傾向】単回収値「268」に“跳ねる”好条件の伏兵 「ジンクスを打破する一発に期待」

◆【脚質傾向】ダービーポジションは「2~5番手」 皐月賞上位組に全幅の信頼

◆【前走ローテ】過去10年で7勝の皐月賞組 イクイノックスとダノンベルーガに勝機

◆【人気傾向】4年連続で馬券内は「2番人気」 1番人気の戴冠はわずか3頭

目黒記念2022 データコラム一覧

◆【目黒記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/目黒記念2021】8番人気ウインキートスが2馬身差をつける激走で重賞初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします