【MLB】大谷翔平はスタメン外れベンチスタート 前日は腰の張りで途中交代

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるトロント・ブルージェイズ戦のスタメンから外れ、ベンチスタートとなった。なお「1番DH」にはテイラー・ウォードが名を連ねた。

大谷は前日の試合で今季8度目の投打同時出場。今季3度目の2桁奪三振をマークしたが6回6安打5失点で降板し、3敗目を喫した。打撃では2打数無安打1打点。腰付近の張りもあり、8回に代打を送られ途中交代となった。

◆大谷翔平とゲレーロJr.の対決実現に現地メディアも興奮 「競争を楽しむ2人は誰もが認めるスター」

■相手先発は今季好調のマノア

ブルージェイズの先発はアレク・マノア。メジャー2年目の24歳右腕は今季好調で、5勝1敗、防御率1.62をマーク。防御率ランキングでは現在リーグ3位につけている。前回登板ではシンシナティ・レッズを相手に8回1失点の好投で勝ち投手となった。

大谷はマノアと2021年8月11日(同12日)に対戦し、3打数1安打(1本塁打)1三振。甘く入った変化球を捉え、打球速度105.6マイル(約170キロ)、飛距離413フィート(約126メートル)の特大弾をセンターに叩き込んだ。

◆【プレーバック動画】今日の試合でも再現なるか、大谷翔平が昨年アレク・マノアから放った特大ホームラン

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします