【安田記念/前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

6月5日に東京競馬場で行われる第72回安田記念(GI、芝1600m)のデータを紹介する。

昨年のNHKマイルCを制して挑んだ安田記念が3着だったシュネルマイスター、4連勝で前走・東京新聞杯を優勝しているイルーシヴパンサー、今年のサウジ・1351ターフスプリントで重賞2勝目を挙げたソングライン、昨年の朝日杯フューチュリティS2着馬の3歳馬セリフォス、一昨年のホープフルS覇者ダノンザキッドらが出走を予定している。

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

【安田記念/追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

■前走・同距離の臨戦過程に注目

過去10年、2勝で並ぶのが前走・京王杯スプリングC組【2-2-1-25】、前走・高松宮記念組【2-0-0-5】、前走・ダービー卿チャレンジT組【2-0-0-8】。しかし、近年は馬券に絡むケースが減り、今年の出走馬を見渡しても、過去の好走馬ほどプッシュできる戦績でもない。

京王杯SC 【2-2-1-25】 勝率6.7%、連対率13.3%、複勝率16.7%
高松宮記念 【2-0-0-5】 勝率28.6%、連対率28.6%、複勝率28.6%
ダービー卿CT 【2-0-0-8】 勝率20.0%、連対率20.0%、複勝率20.0%
マイラーズC 【1-0-5-33】 勝率2.6%、連対率2.6%、複勝率15.4%
天皇賞・秋 【1-0-0-0】 勝率160.0%、連対率160.0%、複勝率160.0%
安土城S 【1-0-0-0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%
ドバイDF 【1-0-0-0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%

そこで前走距離の戦績を見ると、安田記念と同距離の前走・1600m組は【3-6-6-69】、1F短縮の前走・1400m組が【3-2-1-28】で最多3勝。馬券内でいれば過去10年で15頭の前走・1600mが強い。

とくに前走・1600m組は昨年の1番人気2着グランアレグリア、4番人気3着のシュネルマイスター、2020年の1番人気2着アーモンドアイ、2番人気3着インディチャンプ、19年の4番人気優勝のインディチャンプ、3番人気2着のアエロリット、18年の5番人気2着アエロリットと、4年連続で馬券に絡んでいる。

イルーシヴパンサーソングラインセリフォスソウルラッシュなど、同距離の臨戦過程を踏んできた馬には注目したい。とくに【0-4-0-11】と2着止まりも4連対の前走・ヴィクトリアマイル組、【1-0-5-33】と3着率が高い前走・マイラーズC組は面白い。

とりわけ注目は前走・マイラーズC組だ。前走・ヴィクトリアマイル組の4連対のうち2頭はグランアレグリアとアーモンドアイの歴史的名牝によるものだが、前走・マイラーズC組は、2015年にクラレントが12番人気3着、13年にダノンシャークが12番人気3着、12年にコスモセンサーが15番人気3着と、穴馬の激走がある。前述のソウルラッシュはもとより、2着のホウオウアマゾン、5着のエアロロノア、7着のカラテにも食指が動く。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

【安田記念/枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

◆【血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

【安田記念/血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

◆【脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

【安田記念/脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

◆【人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

【安田記念/人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

安田記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

◆【追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】単勝“8人気”前後の人気落ち 「左回りで本領発揮する」

◆【穴馬アナライズvol.2】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

◆【穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補に追い風、「馬券内率8割」超えのデータとは

◆【騎手データ】「栗東の名手」が条件合致で“連対率65%超” 堅軸は安定感抜群のルメールか

鳴尾記念2022 データコラム一覧

◆【鳴尾記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/鳴尾記念2021】1着に8番人気ユニコーンライオンが入り、2着に9番人気、3着に5番人気が入る波乱のレース

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします