【今週の決戦】遅咲きの“絶好調男”対決は交流戦首位打者争い 広島・野間峻祥 vs. 日本ハム松本剛

交流戦3カード目、ここまで1勝5敗と黒星先行の広島カープと3勝3敗の勝率5割の北海道日本ハム・ファイターズとの対戦の中で、両チームの“絶好調男”が勝負の鍵を握りそうだ。

◆【今週の決戦】12連勝で巨人を圧倒したソフトバンク 令和の韋駄天対決、吉川尚輝 vs. 周東佑京が命運をわけるか

■ともに1993年生まれの2人に注目

広島で快音を連発しているのが野間峻祥

野手キャプテンにも就任したプロ8年目の29歳は開幕当初こそベンチスタートで4月6日に登録抹消となって2軍暮らしが続いたが、5月19日に1軍復帰を果たすと、そこから10試合で44打数18安打の打率.409をマーク。規定打席不足ながら今季通算打率.383としている。そして交流戦に限ると、全6試合でヒットを放っており、26打数11安打の打率.423と数字はさらに上昇。

その野間の交流戦打率を上回っているのが、日本ハムの松本剛

BIGBOSS新庄剛志監督の下でブレイク中のプロ11年目は、開幕戦から安打量産で4月を打率.418で終えると、5月以降も好調をキープして現在、リーグトップの打率.383。そして交流戦では、25日、26日のヤクルト戦で2試合連続アーチを放つなど、6試合で25打数12安打の打率.480をマークしている。

1993年1月28日生まれの野間と1993年8月11日生まれの松本。ともにプロ入り後の不振、苦難を乗り越えて30歳手前で快音連発の時を迎えているが、果たしてどちらの“打撃開眼”が本物なのか。

交流戦首位打者争いとも重なる「野間vs松本」のバット対決に注目だ。

◆佐々岡体制3年目、“勝負の年”を迎えた広島 鈴木誠也の穴埋めに求められる采配の妙

◆“BIGBOSS”就任の日本ハム 「新庄マジック」で課題である打撃陣の覚醒なるか

◆奥川恭伸や宮城大弥に続く“期待の星”は誰だ? 2022年のブレイク投手候補一覧

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします