セルヒオ・ラモス、移籍の噂を乗り越え、レアル・マドリード最古参としてクラブ歴代通算出場試合記録更新へ

現在、世界最高のCBと言うとレアル・マドリードDFセルヒオ・ラモス選手の名を挙げる人は多いだろう。

ラモス選手はレアル・マドリードの主将。世界最高峰と言われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で史上初の3連覇を達成するなど、世界最高のCBの名に恥じない実績を誇る選手だ。

 

View this post on Instagram

 

Corazón blanco, espíritu @RealMadrid. Preparados para el #Clásico. 💪 White heart, #RealMadrid spirit. Ready for #ElClásico. #HalaMadrid

Sergio Ramosさん(@sergioramos)がシェアした投稿 –

ラモス選手はセビージャの下部組織出身。2004年頃から頭角を現し始めると、2005年には国内の強豪レアル・マドリードへ移籍し、加入直後からサイドバック(SB)やセンターバック(CB)として活躍した。

セビージャ時代のラモス選手(c)Getty Images

移籍の噂が出るも契約延長し、主将に就任

レアル・マドリード加入から14年目を迎え、チーム最古参でもあるラモス選手はまさに欠かせない存在だが、過去には移籍の噂もあった。

レアル・マドリードでのキャリアを順調に歩んでいたラモス選手だが、2015-16シーズン開幕前に退団報道が過熱。待遇面でクラブと折り合いがつかず、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに報じられた。

一部メディアではマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が合意に達したとの情報も流れたが、結局、レアル・マドリードと契約を延長することに合意。

同時にイケル・カシージャス選手の退団に伴って主将に就任し、子供の頃からの夢が叶ったと語った。

マンチェスター・ユナイテッドには感謝?

2017年8月、ラモス選手は、過去に移籍報道の出たマンチェスター・ユナイテッドとUEFAスーパーカップで対戦。

試合前の会見では、当時複数のビッグクラブからオファーがあったと振り返り、マンチェスター・ユナイテッド移籍する可能性があったのは事実だったと認めた。

その上で、当時ラモス選手が求めていた条件を提示してくれたマンチェスター・ユナイテッドに対し、感謝していることを告白した。

フロレンティーノ・ペレスとの関係性

ラモス選手の移籍については、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長も大きく関係していると言われている。

レアル・マドリードのペレス会長(c)Getty Images

ペレス会長は、ラモス選手がセビージャから移籍した当時もレアル・マドリードの会長を務めていた。ラモス選手は、自身のレアル・マドリード移籍のため、巨額の投資をしてくれたペレス会長に恩義を感じているという。

ラモス選手がマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する噂が流れた際は、ペレス会長がそれを許す旨の発言をしたとも言われた。しかし、結果的に残留が決まり、ラモス選手とペレス会長の関係は今も続いている。

クラブ通算出場試合数更新に期待

過去の移籍オファーを蹴り、レアル・マドリードに残留したラモス選手。クラブでの通算出場試合数は580試合を超え、現役最多となっている。

クラブ歴代の通算出場試合記録では、ラウール・ゴンサレス氏の741試合が最多。32歳とベテランの域に差し掛かっているラモス選手だが、数年後にこの記録を更新していることに期待したい。

≪関連記事≫

セルヒオ・ラモスと背番号……22歳で亡くなった親友のため、スペイン代表で背番号15を着け続ける

愛する我が子のためレアル移籍を決断したベルギー代表GKクルトワ……世界最高GKとして自身初のクラブW杯に臨む

フランス代表追放状態で落選続くベンゼマ……レアル・マドリードで新エースとなれるか

「ルカ・モドリッチ」と名付けられた赤ん坊がペルーで初めて誕生…870人のクリロナ、232人のメッシ、23人のグリーズマンに加え

クロアチア代表モドリッチがかわいい!喜びを身体いっぱいで表現…子どもたちとピッチを駆け回る姿も

レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします