【今週の決戦】西武・髙橋光成は昨年のリベンジか、ヤクルト村上宗隆のひと振りで返り討ちか 

交流戦4カード目。6勝3敗で交流戦でも首位に立つ東京ヤクルト・スワローズの本拠地・神宮に、ここまで5勝4敗の埼玉西武ライオンズが乗り込む。

昨季の対戦では、ヤクルトが2勝1敗(10対1、3対6、9対6)で勝ち越したが、果たして今季はどうなるか。その大事な第1戦での“エース対4番”の対決に着目したい。

◆【今週の決戦】「球界の盟主」の4番・岡本和真vs. 新世代の完全男・佐々木朗希

■エースと4番の対決に注目

ヤクルトの4番はもちろん村神様、こと村上宗隆。ここまで53試合で打率.267、15本塁打、43打点の働きを見せているが、交流戦では9試合で打率.222、2本塁打、3打点。前カードのロッテ戦では4打席連続四球(2敬遠を含む)もあり、5打数無安打とフラストレーションが溜まった。本拠地・神宮での成績も24試合で打率.174、4本塁打、10打点と依然として低迷、チーム同様「外弁慶」ぶりを発揮しているだけに、ここで一気に鬱憤を晴らしたいところだ。

そして第1戦、西武の先発マウンドに上るのが髙橋光成。今季10試合に先発し、4勝4敗と貯金は作れていないが、防御率2.14は評価できる。25歳となって迎えたプロ8年目は、エースとしての自覚も高まった中で常に試合を作っている。しかし、思い出されるのが昨年6月4日のマウンドだ。今回と同じくヤクルト3連戦の第1戦に先発するも、3回を11安打9失点の大炎上。村上には右中間へ16号2ランを浴びた。

あれから1年。村上が今季も“16号アーチ”を放ち本拠地を沸かせるのか。それとも髙橋が成長した姿を見せるのか。「村上vs髙橋」の真っ向勝負に期待したい。

◆連覇を狙うヤクルトに潜む“死角”とは 控え層の薄さと守備力には不安あり

◆屈辱の最下位から復権誓う西武 カギは“左の先発”と山賊打線の巻き返し

◆ファーム2冠の巨漢大砲や“ゴジラの後継者”に期待 2022年のブレイク野手候補一覧

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします