【安田記念/追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

■シュネルマイスター

【中間調整】前走は自身初の海外遠征戦となるドバイターフ。JRA発売の馬券で1番人気に支持されたものの、中団から伸びることなく8着に終わっている。環境への慣れ、そして海外での調整に難しさがあったのが敗因だろう。その後はGI・NHKマイルCを勝った舞台での逆襲を期し、帰国検疫とノーザンファーム天栄での休養を経て5月10日に美浦へ戻っている。12日に嶋田騎手が騎乗しウッドで終い重点。溜めたほどは弾けなかった印象だが、帰厩後の初時計と考えればまずまずだろう。25日にはC.ルメール騎手が騎乗しウッドで併せ馬。その週の目黒記念に出走を控えていたアサマノイタズラを追走し、楽に併入へ持ち込んでいる。相手はそこまで稽古では走らないタイプなので、突き放して欲しいところではあったが手応えはたっぷり残っており、悪くない動きだったと言える。

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

【安田記念/追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

【最終追い切り】嶋田騎手が騎乗し、ウッドで大きく先行させた2頭を追い詰める3頭併せ。操縦性の高さを誇示するように、コーナーワークですんなり取り付き、直線ではまったくの馬なりのまま鋭伸。結局、手応えで2頭を圧倒し、それぞれに半馬身の先着を果たしている。

【見解】常によく見せるタイプで落ち着きや反応は上々の部類。海外帰りの疲れは一見感じさせない。しかし、ドバイで調整がうまく進まなかった経緯を踏まえてか、攻めに徹した調整過程でないあたりは気になる。先週、今週と仕掛けられて相手を捕らえに行く際、若干ではあるがモッサリした雰囲気を出したのもその影響だろう。肉体面も皮二枚ほど厚い感があり、それがレースまでにどこまで絞れて来るか。なんにせよ、人気ほどの信頼は置きづらいところだ。

総合評価「B」

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

【安田記念/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

【安田記念/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

安田記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】単勝“8人気”前後の人気落ち 「左回りで本領発揮する」

◆【穴馬アナライズvol.2】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

◆【穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補に追い風、「馬券内率8割」超えのデータとは

◆【騎手データ】「栗東の名手」が条件合致で“連対率65%超” 堅軸は安定感抜群のルメールか

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

◆【血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

◆【脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

◆【前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

◆【人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

鳴尾記念2022 データコラム一覧

◆【鳴尾記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/鳴尾記念2021】1着に8番人気ユニコーンライオンが入り、2着に9番人気、3着に5番人気が入る波乱のレース

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします