【安田記念/穴ライズ】単勝“8人気”前後の人気落ち 「左回りで本領発揮する」

過去10年、安田記念の1番人気は【3-3-2-2】。しかし、昨年は8番人気のダノンキングリーがグランアレグリアを下し、2017年には7番人気のサトノアラジンが制覇、16年は8番人気のロゴタイプが国内外GI4連勝中だったモーリスに土を付けるなど、波乱の歴史がある。

◆【安田記念2022予想/穴馬アナライズvol.2】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

【安田記念/穴ライズ】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

前述3頭の共通点は重賞・GI実績があったにもかかわらず、人気落ちしていた点。

ダノンキングリーは重賞3勝を誇り、3歳時は皐月賞3着、日本ダービー2着、4歳時には大阪杯3着とGI好走歴があった。サトノアラジンは重賞2勝、マイルCSは4着、5着と2年連続で好走。ロゴタイプはGI2勝馬。前走・ダービー卿チャレンジTで2着に好走し、復活の兆しを見せていたが、3年間勝ち鞍から遠ざかっていたため、伏兵の扱いを受けていた。

今年、4連勝で重賞タイトルを手に入れて挑むイルーシヴパンサーやソウルラッシュなど、新興勢力が注目されるが、近年で「上がり馬」が安田記念を制したのは、2015年のモーリスくらいしか記憶にない。

安田記念は人気落ちの実績馬を狙うのがセオリーと言ってよく、今年も重賞・GI実績を持つ馬に「盲点」が潜んでいると見た。

■ダノンザキッド

今年初戦となった前走の中山記念は、立ち上がるようなスタートで後方からの競馬。勝負どころでジワリとポジションを押し上げていったが、迎えた直線では脚が残っておらず7着に敗れている。

昨春は皐月賞15着の後、日本ダービーを目指していたが直前に骨折。夏場を休養に充てると、秋の始動戦となった東京マイルの富士Sでは、久々にもかかわらずソングラインの4着に健闘している。続く次走のマイルCSでは、2着シュネルマイスターから0秒1差の3着。着差が示す通りパフォーマンスは互角で、展開次第では十分に逆転が可能と見る。

右回りは2歳時にホープフルS勝ちや、前述のマイルCS3着などのGI実績があるものの、左回りのほうが手前の替えがスムーズなタイプ。1800mだった前走からの距離短縮もこの馬にとってはプラスで、人気落ちの今回は絶好の狙い目となる。

◆【安田記念2022予想/穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

【安田記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

【安田記念/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

安田記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

◆【追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補に追い風、「馬券内率8割」超えのデータとは

◆【騎手データ】「栗東の名手」が条件合致で“連対率65%超” 堅軸は安定感抜群のルメールか

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

◆【血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

◆【脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

◆【前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

◆【人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-安田記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします