【全仏オープン】パリから始まるイガとココのライバリー シフィオンテクが2度目の優勝

全仏決勝を終え笑顔を見せたイガ・シフィオンテク(右)とココ・ガウフ(C)Getty Images

晴れたパリの空の下、世界女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)が第1シードを守りきり、2年ぶりとなる全仏のトロフィーを持ち上げた。

1時間8分。

これが世界女王として初めて挑んだグランドスラム優勝までに要した時間だ。

大きなプレッシャーを上手くコントロールし、何度も真っ白な気持ちで臨み続けた2週間。ポーランドの21歳は、大会前に高校を卒業したばかりのココ・ガウフ(アメリカ)を6-1、6-3と圧倒的な試合運びで突き放した。これで2月からの連勝街道も35勝。ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)が持つ記録に並んだ。

◆女王イガ・シフィオンテク、ウクライナに「強くあり続けて」

■挑戦者に攻撃の機会を与えなかったシフィオンテク

「いいボールが打てたと思ったのに、そうはならなかった」。試合後にガウフが言うように、シフィオンテクのアップテンポなストロークは18歳の挑戦者に攻撃する機会を与えなかった。ガウフのボールは自らのリズムで打たせてもらえず短くなるばかり、女王はあっという間にネット前に押し寄せボールを叩き込んだ。ガウフはその劣勢において、得意のバックのパッシングショットでイーブンに戻すが、流れを左右する場面はで決して重要な1ポイントを渡してもらえることはなかった。

それは第1セットの中盤にも表れていた。

シフィオンテクから4-1の40-30、互いが得意とするバックハンドの打ち合いから始まった15本のラリー。ガウフは女王のバックサイドにボールを集めオープンコートへボール走らせるも、素早い動きで追いつくシフィオンテクのフォアは弧をえがきコーナーへ吸い込まれていった。「入ったのか」と見守る観客の一瞬の静寂を打ち破るかのように、女王は拳を振り上げ会場を沸かせる。ガウフは34連勝中の女王に対し、打開策が見いだせず少しばかり渋い表情を見せた。

シフィオンテクにとっても、やるべきことは決まっていたのだろう。自身よりも3つ若く早くから天才と呼ばれてきたガウフは、優れたコートカバーやドロップショットを見せながら、突然に急所を突くかのように攻めてくる。そのプレーを封じ込めるためにもラリーを好まず、本来のアップテンポなテニスでより早く仕掛け続けているように見受けられた。

■今後のライバル関係を彷彿させた1ポイント

第2セットに入り、シフィオンテクのバックハンドのミスからガウフが2-0とリード。18歳がやっと流れを掴めたと声援が大きくなるが、女王は直ぐに追いつき3-2とペースを奪い返した。

「スラムを勝つにはどうすればいいか、何が必要なのか。すべてのパズルのピースが組み合わさり、ゲームに関するすべてのことが機能しなければならない」とシフィオンテクは語る。その意識は、流れを掴まれても、すぐに引き戻す力に現れていたように思う。なによりもテンポを速めながらスピンを操り、時間を奪いながらも空間を取れるテニスには、今のところ同等の力で付いてこられる選手はいない。

しかし、この局面でもガウフが下を向くことはなかった。より強化されたサービスとフォアを使い、女王を走らせエースを奪う。学習能力が高く問題解決に優れていると評される18歳は、3-5のビハインドでも、この試合からの学びを見せた。

それは3-5の0-15でのこと。

バックの打ち合いからシフィオンテクがオープンコートにボールを送ると、まるで第1セットの1-4で鮮やかにエースを取られた時のように、次は自身のフォアをストレートのコーナーに押し込んだのだ。この後に訪れた一瞬の静寂もまるで同じ。アメリカのティーンエイジャーが掲げた拳は、この先の2人のライバル関係を彷彿させるような1ポイントになった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします