【Dリーグ】2代目王者はコーセーエイトロックス、ブレイキンで賞金3000万円獲得 感涙の嵐のうちに幕

初優勝を飾ったKOSÉ 8ROCKS トロフィーを掲げるISSEI(C)D.LEAGUE 21-22

日本発のプロダンスリーグ「Dリーグ」は5日、東京・有明にてセカンドシーズンのチャンピオンシップが行われ、レギュラーシーズン3位の「KOSÉ 8ROCKSコーセー エイトロックス)」と4位の「avex ROYALBRATSエイベックス ロイヤルブラッツ)」がファイナルで対戦、エイトロックスが息をつかせぬブレイキンを披露しジャッジ票+オーディエンス票を7-2とし初優勝を果たした。

◆【実際の映像】KOSÉ 8ROCKS、優勝決まった瞬間に泣き崩れるメンバーも‥‥会場からは両チームに温かい拍手

■パリ五輪メダル候補者のISSEI、有終の美

(C)D.LEAGUE 21-22

Dリーグのチャンピオンシップは、レギュラーシーズン12ラウンドを戦い、上位4チームとワイルドカード2チームの計6チームが一夜にしてトーナメントに挑むタフな決戦。エイトロックスは、前季の初代チャンピオン、ロイヤルブラッツを下し2代目王者に上り詰め、賞金3000万円を手にした。賞金の使いみちについては「とりあえず焼肉食べに行こう」という素朴なひと声や、厳しいシーズンを戦いきったがゆえの「みんなで温泉に行こう」などの微笑ましい声も漏れた。

(C)D.LEAGUE 21-22

エイトロックスのダンス・スタイルは、2024年パリ五輪の新種目となっている「ブレイキン」。このカテゴリーは日本勢にメダルの期待がかかるが、エイトロックスのディレクター兼プレーヤーのISSEIは、そのひとりと目されている。ISSEIは今季限りで退団を発表しており、有終の美を飾ったかたちとなった。ISSEIは「ダンス、サイコー! ダンスがあってよかった」と感涙にむせびながら、繰り返し感謝の言葉を口にした。記者団の取材後には、「みなさんもブレイキン、やりましょう!」と茶目っ気たっぷりに声をかけ、深々と礼をし会場を後にした。今後はこれまでも経験してきたワン・オン・ワンのダンスバトルなどに身を投じるという。

昨季スタートしたDリーグは有明アリーナでのグランドオープンの開幕から無観客開催となるなど、コロナ禍の荒波に揉まれて来たが、この日はチケットもソールドアウト、約5000人の観客に埋め尽くされた会場で幕を閉じた。終幕間際にはDリーグ神田勘太朗COOも登壇し挨拶、満員の観衆を前に、涙に声をからす場面も見られた。

なお終了後には、「Valuence INFINITIESバリュエンス インフィニティーズ)」が最終枠12チーム目としての参戦が発表された。Dリーグのサード・シーズン開幕は10月となる。

◆THE GREAT HEART of“8ROCKS” ブレイキン世界一のISSEI率いる熱き魂

◆【実際の映像】KOSÉ 8ROCKS、優勝決まった瞬間に泣き崩れるメンバーも‥‥会場からは両チームに温かい拍手

◆カドカワ・ドリームズ史上最高得点も敗退! 21-22レギュラーシーズン、ラスト・ショーの煌めき

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします