【ボクシング】日本人初の3団体統一王者誕生の瞬間 井上尚弥は4団体統一か、スーパーバンタム挑戦か

日本中の、いや世界中のボクシング・ファンの注目を集めた井上尚弥(大橋)vsノニト・ドネア(フィリピン)の世界バンタム級王座3団体統一戦は、井上が切れ味鋭い連打で2ラウンド1分24秒でのTKO勝ちをおさめた。

第1ラウンド、オープニングブローはドネアの左フックだった。最初から強いプレッシャーをかけていくドネアの意思表示であり、井上が試合後のインタビューで「あのパンチで緊張感が高まった」と語ったように、早々に両選手のファイティング・スピリッツに火がついた。

◆【勝利後のインタビュー】井上尚弥、ドネアへの感謝と「4団体統一か、スーパーバンタム挑戦か」を明言

両者はジャブの突き合いによる主導権争いに入る。しかし、どちらにも様子を見るパンチは一切なく、ダメージを与えるパンチを交換。「瞬き厳禁」、目が離せない展開となった。特にドネアの前に出て打つワンツーは踏み込みが鋭く、井上は下がりながらストレート系のパンチで応戦。試合が早く終わりそうな予感が漂った。

■危険な距離でのスリリングな打ち合い

1ラウンド2分過ぎ、危険な距離でのスリリングな打ち合いとなる。そのなかで放たれたのが、モンスターの右ストレートだった。左をフェイント気味に出して打ち下ろしたショートパンチが見事にドネアのテンプルを直撃。この一撃でドネアは崩れるようにマットに沈んだ。

右ストレートのカウンターはこれまでもフィニッシュ・ブローになってきたが、井上が「練習してきたことが正しかった」と振り返ったように、まさに動きのなかで自然に出たパンチだった。「あまり手応えがなかった」というコメントも、その裏返しだろう。ドネアはゴングに救われたが、リプレイを見直すとダメージがかなり深刻だったことがわかる。

■貪欲にKOを狙った会心のフィニッシュ

2ラウンド、モンスターが試合を決めにかかる。得意の左フック、ワンツーを強く振り、ここ数戦、練習を重ねてきた左アッパーを交えたコンビネーションでドネアを追い詰める。「一方的に勝つ。ドラマにするつもりはない」という言葉通りに、かつてないほど貪欲にKOを狙う。

ドネアも起死回生の左フックを振るうが、井上の体のキレがこのパンチをきれいにかわす。ドネアはたまらず体を寄せてパンチを殺すが、井上はそれを許さない。そして、1分過ぎ、ガードをかわすように放った左フックがクリーンヒット。ドネアが棒立ちになると、コンビネーションを畳みかけ、最後はワンツーフックで見事にライバルを仕留めた。2回1分24秒。会心のフィニッシュに、試合後のチャンピオンの弁舌も爽やかだった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします