【Dリーグ】全選手が命を削ってきたセカンドシーズン・フィナーレにダンスのさらなる可能性を見た 栄冠はエイトロックスに

初優勝を飾ったKOSE 8ROCKS(C)D.LEAGUE 21-22

2020年のコロナ禍中に始まった日本発・世界初のダンスリーグであるDリーグは、様々な制約や規制下においても2年の月日を走りぬけ、去る6月5日に無事セカンドシーズンのフィナーレとなるチャンピオンシップを終えた。

この日のチケットはリーグ創設以来、初の完売。会場となった有明・東京ガーデンシアターの8000を超える観客席は最上階までダンスファンによって埋め尽くされ、ラストショーにふさわしい熱気と共に、ここまで勝ち進んだ6つのチームによる決戦が繰り広げられた。

チャンピオンシップは、レギュラーシーズンのように各チームの獲得点で順位が決まる方式ではなくトーナメント制が採用され、テリー伊藤さんをはじめとする8名のジャッジ票と、オーディエンスの投票を集計して決まるオーディエンス・ジャッジ1票分を合わせた全9票のうち、より多くの票を獲得した方のチームが勝ち進み、セミファイナル、ファイナルを経て優勝チームの確定となる。

このようなトーナメント式は、観る側にとっては、毎回各チームが1対1で闘って上位に勝ち進むため、ゲーム性が増し盛り上がる仕掛けになっていると言えるが、闘う側にとっては、自分たちが決勝に勝ち進むことまでを想定し、ルール上3種の、すべて違ったナンバーで臨む準備をしなくてはいけないことを意味する。これまでも、2週間隔で設定された12ラウンドのすべてを別ナンバーで闘う過酷さについて再三述べてきた“心のダンサー”である私としても、このチャンピオンシップに至っては、ラウンド12が終了した5月18日から6月5日までのわずか17日の間に、3つのナンバーを新たに作り上げ、踊り込み、完成させるという過酷に過酷を足して、ぐつぐつと煮込んだような最早、それがいったいどのような“境地”なのか、想像すら難しい大仕事だ。それを、この6チームは成し遂げてチャンピオンシップに臨んできたことになる。

◆【フィナーレの映像】エイトロックスを王者へと導いたISSEIの勇姿と引退の言葉

■チャンピオンシップに続く”地獄の道のり”

あらためて、チャンピオンシップに進出したチームを挙げると、ラウンド12までのトータルランキングで1位から4位までの、セガサミー・ルクスフルキャスト・レイザーズコーセー・エイトロックスエイベックス・ロイヤルブラッツ。そして、ワイルドカード枠で出場のセプテーニ・ラプチャーズディップ・バトルズの計6チームである。

(C)D.LEAGUE 21-22

オリンピックは長年、「参加することに意義がある」と言われてきたが、まだ結成2年目ながら、このDリーグの容赦なき期間内での過酷な闘いは、言わば『参加するだけでも命懸け』。レギュラージャッジのテリ―伊藤さんも「チャンピオンシップへの道のりは地獄だったと思う」と表現した通り、全選手が命を削ってきたとしても過言ではないだろう。

そんな過酷な状況下でのチャンピオンシップを勝ち抜き、見事セカンドシーズンの優勝を果たしたのは、最後までブレイキンの真髄からブレずに力を出し切ったコーセー・エイトロックスだった。

これまでも、ブレイキンならではのパワームーブと、身体が千切れてしまうのではないかと心配してしまうほどの大技で、観る者を“ロック”し続けてきたエイトロックスだが、今回はサックスが奏でるジャジーで洒落た曲と共に、軽やかさと力強さを兼ね備えながら、まるで彼らが時空を自在に操っているかのような錯覚を覚える作品で観る者を圧倒し、見事玉座に上り詰めた。

ダンサージャッジのPEETさんも、「トップロックのルーティンの追い上げ感の凄みとともに、ブレイキンでここまでショーアップ出来たということが素晴らしい!」と絶賛。ゲスト・エンターテイナージャッジの安藤美姫さんも「身体から音楽が出ているように見えた」と語ったように、このエイトロックスの演技で、満席のガーデンシアターは地鳴りに震えるかの如く大きく沸くこととなった。会場で実際にこのような大いなる盛り上りに触れてみると、これこそが1000万人以上いると言われるダンス人口を持つ日本での、Dリーグ本来の姿であると感じることが出来た。コロナも落ち着くであろう次の2022-23シーズンでは、この盛り上りが「当たり前」となってくれることを心から祈らずにはいられない。

アクロバチックな演技を連発、観客を魅了したKOSE 8ROCKS(C)D.LEAGUE 21-22


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします