【函館スプリントS/追い切り診断】ビアンフェを上回る高評価「A」 狂いのない調整で「一変の走りに期待」

■シゲルピンクルビー

【中間調整】しばらく勝ち切れないレースが続いていたが、前走の鞍馬Sで14カ月ぶりの勝利を挙げた。これが芝1200m戦での初勝利だったが好時計での完勝だったし、それまでの短距離重賞で差のない競馬ができていたことを含めて考えれば、適性はやはりスプリントにありそう。前走後は昨年9着だった函館スプリントSへ、2度目の挑戦が決定。短期放牧を挟んで5月22日に栗東へ戻り、24日に初時計として厩舎実習中の河原田騎手候補生を背に坂路14-14を消化している。ここではラスト2F12秒4-14秒8(馬なり)と急減速ラップに終わっていたが、道中で乗り役が持って行かれたのかも。馬に活気があるゆえのご愛敬レベルだろう。28日は渡辺師が騎乗しラスト2F12秒9-11秒6(馬なり)と惚れ惚れするようなラップ構成でまとめたあたりは、さすが元騎手といったところ。輸送前の1週前追いも渡辺師が騎乗し、疲れを残さないようラスト2F13秒4-12秒6(馬なり)と絶妙な時計で終えている。

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】前走惨敗の重賞馬に「A」評価 「精神面の成長ぶりは顕著」

【函館スプリントS/追い切り診断】前走惨敗の重賞馬に「A」評価 「精神面の成長ぶりは顕著」

【最終追い切り】主戦・和田竜騎手が騎乗し、函館芝コースで併せ馬。序盤から前向きな雰囲気を出し、目標にした3歳未勝利を直線入口であっさり抜き去る。そこで抜け出してもフワッとせず、集中して鋭く脚を伸ばした動きは秀逸。結局5馬身の先着を果たしている。

【見解】当初からこのレースを見据えていたような、狂いのない調整過程。馬の動きも前走が比較的楽な勝利だったことで反動はなく、しっかり上積みだけ獲得できているような鋭さ、メリハリがある。最終追いで抜け出しても集中力を保てていたあたり、目下走ることへのモチベーションがかなり高そう。2番人気9着に終わった昨年から一変の走りに期待したい。

総合評価「A」

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】人気一角の牝馬に最高評価「S」 「心身両面で充実一途」でタイトル上積みへ

【函館スプリントS/追い切り診断】人気一角の牝馬に最高評価「S」 「心身両面で充実一途」でタイトル上積みへ

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】連覇を狙う王者に不満の「B」評価 昨年と同じローテも「気迫に物足りなさ」

【函館スプリントS/追い切り診断】連覇を狙う王者に不満の「B」評価 昨年と同じローテも「気迫に物足りなさ」

函館スプリントステークス2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】“連対率5割超”の「栗東の名手」で万馬券狙い、軸は条件合致で数値急上昇

▼その他、過去10年データ傾向
◆【血統傾向】勢いに期待したい想定“8人気”前後の穴馬が、単回収値「176」データに該当

◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

エプソムカップ2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 「生粋のサウスポー」が大波乱を演出

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「実力上位は疑いようがない」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“25倍”以上の惑星 「天を味方」に復調なるか

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「唯一の大敗が脳裏を過る」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】有力馬はハイレベルな4歳世代 馬券内率8割超えが追い風に

◆【データ攻略-後編】天候次第で連敗の古豪に食指 得意条件で“75%”データが後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャスティンカフェは8枠11番、最多3勝の3枠には伏兵が入る

◆【脚質傾向】連勝中の人気馬に不安 昨年は差しが上位独占

◆【前走ローテ】主な好成績の前走組が不在 注目は連勝中の上がり馬

◆【人気傾向】上位人気を信頼もオッズに注意 過去に“421万”馬券の大波乱も

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします