【函館スプリントS/追い切り診断】前走惨敗の重賞馬に「A」評価 「精神面の成長ぶりは顕著」

■プルパレイ

【中間調整】ファルコンS制覇の勢いに乗って前走・NHKマイルCに臨んだが、後方待機から伸びを欠き15着に終わっている。外めの枠の不利もあったようだが、やはり単純に距離が長く最後は息切れした感があった。体形、そして血統(母は米でダート6.5FのGII勝ち)から距離短縮戦のほうが走りやすいだろうと判断され、ダメージも少ないことから函館スプリントSに駒を進めることとなった。中間は在厩で調整され、5月13日に坂路15-15をマーク。以降、ジワジワと時計を詰め、2週前追いではM.デムーロ騎手を背に坂路で目一杯追う併せ馬を消化した。ここでは古馬3勝クラスとの追い比べをねじ伏せ、1馬身の先着を果たしている。その後5月31日に函館入り。1週前追いはパスする形となったが、6月5日の日曜追いで素軽く動き、輸送は問題なくクリアできたようだ。

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】人気一角の牝馬に最高評価「S」 「心身両面で充実一途」でタイトル上積みへ

【函館スプリントS/追い切り診断】人気一角の牝馬に最高評価「S」 「心身両面で充実一途」でタイトル上積みへ

【最終追い切り】水口騎手が騎乗し、函館芝コースで古馬2勝クラスを外で先導する形の併せ馬。直線半ばでいったん相手を受け入れ併走し、ゴール手前で少しだけ気合いを入れられるとスッと抜け出し半馬身の先着を果たした。抜群の手応えを保ったまま、相手が来れば来るだけ気持ちを乗せて伸びるといった雰囲気に好感が持てる。

【見解】以前は他馬を気にする面があったようだが栗東、そして函館入りしての併せ馬ではまったくそんな素振りを見せず、自分のリズムを保って最後は鋭い切れ味を披露できている。精神面の成長ぶりは顕著だ。前走がお試し出走で、須貝厩舎が得意とする北海道シリーズ開幕のここが当初からの本命だった、とも感じられる。3歳馬は3歳馬でもこっちだったか、というシーンは考えておきたい。

総合評価「A」

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】連覇を狙う王者に不満の「B」評価 昨年と同じローテも「気迫に物足りなさ」

【函館スプリントS/追い切り診断】連覇を狙う王者に不満の「B」評価 昨年と同じローテも「気迫に物足りなさ」

◆【函館スプリントステークス2022予想/追い切り診断】ビアンフェを上回る高評価「A」 狂いのない調整で「一変の走りに期待」

【函館スプリントS/追い切り診断】ビアンフェを上回る高評価「A」 狂いのない調整で「一変の走りに期待」

函館スプリントステークス2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】“連対率5割超”の「栗東の名手」で万馬券狙い、軸は条件合致で数値急上昇

▼その他、過去10年データ傾向
◆【血統傾向】勢いに期待したい想定“8人気”前後の穴馬が、単回収値「176」データに該当

◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

エプソムカップ2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 「生粋のサウスポー」が大波乱を演出

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「実力上位は疑いようがない」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“25倍”以上の惑星 「天を味方」に復調なるか

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「唯一の大敗が脳裏を過る」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】有力馬はハイレベルな4歳世代 馬券内率8割超えが追い風に

◆【データ攻略-後編】天候次第で連敗の古豪に食指 得意条件で“75%”データが後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャスティンカフェは8枠11番、最多3勝の3枠には伏兵が入る

◆【脚質傾向】連勝中の人気馬に不安 昨年は差しが上位独占

◆【前走ローテ】主な好成績の前走組が不在 注目は連勝中の上がり馬

◆【人気傾向】上位人気を信頼もオッズに注意 過去に“421万”馬券の大波乱も

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします