【エプソムC/穴ライズ】想定“8人気”前後の盲点 「実力上位は疑いようがない」

■ガロアクリーク

4番人気に支持された前走の都大路Sは、直線で切れ負けて6着に敗れたガロアクリーク。1000m通過が62秒1で、前後半の3Fが3秒も違う後傾ラップでは、いくら先団からレースを進めたとは言え、本来決め手勝負が不得意なタイプなだけに厳しかった。極端に流れが向かず、敗戦も致し方なし。

◆【エプソムカップ2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定“25倍”以上の惑星 「天を味方」に復調なるか

【エプソムC/穴ライズ】想定“25倍”以上の惑星 「天を味方」に復調なるか

3歳時にはスプリングS勝ちをはじめ、皐月賞とセントライト記念でともに3着など、今回のメンバーの中では実力上位であることに疑いようはない。一見すると良績は中山に集中しているが、東京は新馬勝ちしている上に6着だった日本ダービーでも3着馬とは0秒1差。昨年のエプソムCこそ12着に大敗したが、除外明けで実質半年ぶりの競馬だった。イメージほど、この舞台を苦手にしているわけではない。

今年は昨年と比べて臨戦過程にアクシデントはなく、2走前の中山記念では4着と5歳を迎えた今も力の衰えは見られない。戦前の評価ほど上位陣との差はなく、波乱の使者となる資格は十分。このオッズなら積極的に買い目に加えていきたい。

◆【エプソムカップ2022予想/穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 「生粋のサウスポー」が大波乱を演出

【エプソムC/穴ライズ】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 「生粋のサウスポー」が大波乱を演出

▼その他、穴馬予想
◆【エプソムカップ2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「唯一の大敗が脳裏を過る」

【エプソムC/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「唯一の大敗が脳裏を過る」

エプソムカップ2022予想コラム一覧

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】有力馬はハイレベルな4歳世代 馬券内率8割超えが追い風に

◆【データ攻略-後編】天候次第で連敗の古豪に食指 得意条件で“75%”データが後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジャスティンカフェは8枠11番、最多3勝の3枠には伏兵が入る

◆【脚質傾向】連勝中の人気馬に不安 昨年は差しが上位独占

◆【前走ローテ】主な好成績の前走組が不在 注目は連勝中の上がり馬

◆【人気傾向】上位人気を信頼もオッズに注意 過去に“421万”馬券の大波乱も

函館スプリントステークス2022 データコラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】“連対率5割超”の「栗東の名手」で万馬券狙い、軸は条件合致で数値急上昇

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】人気一角の牝馬に最高評価「S」 「心身両面で充実一途」でタイトル上積み

◆【追い切り診断】連覇を狙う王者に不満の「B」評価 昨年と同じローテも「気迫に物足りなさ」

◆【追い切り診断】ビアンフェを上回る高評価「A」 狂いのない調整で「一変の走りに期待」

◆【追い切り診断】前走惨敗の重賞馬に「A」評価 「精神面の成長ぶりは顕著」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【血統傾向】勢いに期待したい想定“8人気”前後の穴馬が、単回収値「176」データに該当

◆【枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-函館スプリントステークス編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします