【RIZIN】メイウェザー、朝倉未来を挑発「キングはひとりしかいない」 朝倉は会見中にツイッターで「マジで話なげぇ」

フロイド・メイウェザー(左)と朝倉未来(C)Getty Images/(C)RIZIN FF

総合格闘技団体「RIZIN」は14日、公式YouTubeチャンネルで緊急会見を開き、ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)と、RIZINなどで活躍中の朝倉未来とのエキシビションマッチを発表した。

会見後に行われたフェイスオフは約30秒間と長く、メイウェザーより身長が4センチ高い朝倉が見下ろし、朝倉はグッと顔を近付け緊迫した空気が漂った。

◆朝倉未来、「メイウェザーマジで話なげぇ」と会見中に投稿した実際のツイート

■朝倉「長すぎて全然わからなかった」

メイウェザーと朝倉未来は、ラスベガスの会場に登壇。握手を交わした後、朝倉は「はじめまして。朝倉未来です。僕はMMAファイターなんで、今後世界で名前を売るために利用させてもらいます」と挨拶した。一方、メイウェザーは「彼(朝倉未来)は一生懸命やって私を倒すと言っているが、それでも勝つ自信がある」とし、「条件次第で、5ラウンドだろうが8ラウンドだろうがやる。ただし、彼は8ラウンドも持たないだろう」と挑発、さらに「自分にとっては対戦相手のただの一人。なぜなら俺はフロイド・メイウェザーで、それ以上の相手はいない」とコメントした。

通訳が入る間もなくコメントを続けたメイウェザーに対し、朝倉は「長すぎて全然わからなかった」と、憮然とした表情を見せ、時おり手元のスマートフォンを操作するシーンもあった。

さらに質問はメイウェザーへ向けられ、朝倉の試合映像を観る予定はあるか、という問いに対し「全く観るつもりはなく、その必要もない。自分はキングであって、キングはひとりしかいない。記録を塗り替えてきた自分が、ただの対戦相手(朝倉未来)の映像を観る必要はない。逆に対戦相手の映像を観ければいけないのは、彼のほうなんじゃないか」とした。

また、RIZIN2回目の参戦については「自分は日本のファンが求めることを提供するだけ。どのようにやりたいのか、どのようなものを日本のファンに見せたいのか次第で、私の対応も変わってくる。お金を払ってよりエキサイティングなものを見せたければ対応するし、もし今のままぬるい感じで3ラウンドでやりたいのであれば、そのままでもいい」と、「Money(金の亡者)」と呼ばれるメイウェザーらしい条件提示を匂わせた。

「フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来」のルール、詳細は後日発表される。

◆【速報】メイウェザーvs.朝倉未来、今年9月にエキシビションマッチが決定、ルール詳細は後日発表

◆【続報】朝倉未来、メイウェザー戦で“天心の敵討ち”を宣言 「なめてるやつ、一発いいのを入れたい」

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】6月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします