【THE MATCH 2022/天心vs武尊】“世紀の一戦”実現までの7年間、両者のコメントと思いを振り返る

RISE世界フェザー級王者・那須川天心K-1三階級制覇王者・武尊が対戦するビッグイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」が6月19日、東京ドームで開催される。「世紀の一戦」を制するのは、デビューから46連勝の“神童”那須川天心か、負けたら引退を宣言した“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊か。

格闘技ファン垂涎の“世紀の一戦”実現までの7年間に、両者は何を思い、どんな言葉を語ってきたのか。両者のコメントなどを改めて振り返る。

【THE MATCH 2022】武尊が「笑った」瞬間、那須川天心は平常心でいられるのか “世紀の一戦”試合展開予想

2015年

武尊が初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級(55kg)王座を獲得し、那須川もデビュー後1年足らずで第6代RISEバンタム級王座に。8月にBLADE FC JAPAN CUP 2015(55kg)トーナメントで全試合KO勝ちを収めた那須川の“宣戦布告”から全ては始まった。

天心
まだ国内に一人やりたい選手がいます。K-1の武尊選手、かかってこいやって感じですね(8月1日、内藤大樹戦後)

それから3カ月後、武尊も那須川について言及し両者は“邂逅”する。

武尊
大晦日めっちゃ暇なので、よろしくお願いします(11月21日、K-1 WORLD GP -55kg王座初防衛後)
天心
(観客席から武尊に握手を求めて)大晦日で!

前向きな姿勢をアピールした両者だが、結局この年は直接対決が実現しなかった。

2016~17年

那須川はISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座を獲得。一方の武尊もK-1 WORLD GP2階級制覇を成し遂げ、キックボクシング界の両雄として押しも押されもせぬ存在となる。直接対決はまたも持ち越しとなったが、那須川のラブコールは変わらない。

天心
(武尊戦について)ぜひ来年中にやりましょう! トーナメントでもワンマッチでも何でもいい。ファンが望むカードをやるのが格闘家(17年12月31日、RIZIN KICKワンナイトトーナメント優勝後)

2018年

2月、他団体の選手でありながら武尊へのラブコールを送る那須川に対して、K-1側が民事訴訟を起こす事態に。しかし、武尊自身は決してトーンダウンしなかった。

武尊
団体の壁とかあるんですけど、正直……実現するのってめちゃくちゃ難しいことなんですよ。僕は実現できない状況でそのことを発言したら、ファンを裏切ることになってしまうんで、僕は中途半端なことを口にしたくないんですよ。

やっぱり難しいこともたくさんあるんですけど、僕は格闘技界を背負う、変えるってずっと言ってきてるんで……時期はわからないですけど、僕は必ず実現させようと思ってるんで。そして、実現させるだけじゃなくて、僕は勝つ気でいます。「K-1最強」を僕が証明するんで、みなさん、これからも来年も再来年もK-1についてきてください。(12月8日、皇治とのK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ後)

武尊の“決意表明”に会場に詰めかけたK-1ファンからは熱狂的な声援が飛んだ。

2019~20年

2019年には両者が東京ドームでの試合実現について言及。そして、2020年大晦日の「RIZIN.26」では武尊がリングサイドから那須川戦を生観戦し、試合後には言葉を交わした。

(C)RIZIN FF

武尊
みんなが熱望してくれていて、その試合がなかなか実現できないことに、僕自身も悔しい気持ちが凄くあった。(来場は)僕の意思表示と、来年実現させるという決意(12月31日、RIZIN.26)
天心
来てくれて嬉しいな。(対決に向けて)長い期間でしたけど、一歩前進できたかなと。これは格闘技界全体が感じていると思う(12月31日、RIZIN.26)

2021年

いよいよ格闘技界全体のムードとして、“世紀の一戦”が現実味を帯びてきた。K-1での武尊戦を那須川もリングサイドから観戦。また、那須川は2022年中のボクシング転向を発表し、いよいよ残すは武尊との対決のみとファンや周囲もヒートアップ。

そして12月24日、ついに両者はRIZIN榊原信行CEOと共に対戦記者会見を実施する。

那須川天心、榊原信行CEO、武尊(左から)(C)SPREAD編集部/21年12月撮影

榊原氏
遂にこの日が来ました。天心、武尊、このふたりが戦うことが正式に決まりました。ふたりを取り巻く両陣営が正式にすべての問題をクリアして、このカードを実現させるんだ、と。ここまでファンに求められ希望されて実現するカードは、僕が関わった格闘技人生では見たことがない
天心
僕もずっとやりたかった試合ですし、ようやく中立な舞台で試合ができることを嬉しく思います。この試合にしっかり勝って引退したい
武尊
5、6年前からずっと対戦が望まれていた試合だった。お互い苦しい思いもしたが、日本のスポーツ界、格闘技界がもっと盛り上がる。中立なリングで試合をすることで、昔の格闘技界のように団体の垣根なく対戦できる

【THE MATCH 2022】武尊が「笑った」瞬間、那須川天心は平常心でいられるのか “世紀の一戦”試合展開予想

【THE MATCH 2022/天心vs武尊】6月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

【格闘技/天心vs武尊】朝倉未来ら格闘家たちの「THE MATCH 2022」勝敗予想まとめ


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします