【THE MATCH 2022/天心vs武尊】特別ルールの詳細発表 ジャッジは5名、全ラウンドで点数公開へ

6月19日に東京ドームで開催される「Yogibo presents THE MATCH 2022」のルール詳細が15日、主催者から発表された。“世紀の一戦”として注目されるメインカードの「那須川天心vs.武尊」は、全ラウンドの点数が公開されるオープンスコアリング方式で実施される。

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】“世紀の一戦”実現までの7年間、両者のコメントと思いを振り返る

■大会後半カードはオープンスコアリング採用

「那須川天心vs.武尊」の特別キックボクシングルールが明らかになった。「3分3ラウンド・延長1ラウンド」で実施され、1ラウンド中に3回のダウンがあった場合はTKOとなる「スリーノックダウン制」となる。

ジャッジは5名体制となり、3名以上が優勢と判定した選手が判定勝ち。各ラウンド10点法で採点し、延長ラウンドの採点は延長ラウンドのみの試合内容にて必ずどちらか一方の選手を勝者とする、マスト評価で優劣を決定する。

また、掴みは攻撃が伴う瞬間的なもののみ有効となり、相手の蹴り足を掴んだ場合は「瞬間的にキック、膝打撃、パンチのいずれか1発のみ有効」、相手の頭部を掴んだ場合は「瞬間的に膝打撃1発のみ有効」となる。その他については、THE MATCH 2022キックボクシングルールに準じるとされている。

なお、「第13試合:原口健飛vs.山崎秀晃」、「第14試合:海人vs.野杁正明」、「第15試合:那須川天心vs.武尊」の3試合は、全ラウンド点数が公開されるオープンスコアリング方式が用いられる。

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】“世紀の一戦”実現までの7年間、両者のコメントと思いを振り返る

◆【THE MATCH 2022】朝倉未来ら格闘家たちの「天心vs武尊」勝敗予想まとめ

◆【THE MATCH 2022/天心vs武尊】6月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします