【ユニコーンS2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

19日に東京競馬場で開催される第27回・ユニコーンS(GIII、ダ1600m)の枠順が17日にJRAから発表された。

新馬戦を大差勝ちし前走も4馬身差で勝利したジュタロウは4枠6番、3連勝中と上がり馬のリメイクは4枠7番、ダートに転じて無敗の3連勝と勢いに乗るハセドンは1枠1番、NHKマイルC5着からダート初挑戦となるインダストリアは6枠10番に入った。

ここでは、過去10年データ傾向から予想のヒントになる「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【ユニコーンステークス2022】調教動画&参考レース

◆【ユニコーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【ユニコーンS2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【ユニコーンS2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

1、4、6枠が最多となる2勝をしているが、ハセドンが入った1枠は2019年3番人気ワイドファラオが1着、20年に3番人気デュードヴァンが2着、21年の7番人気スマッシャーが1着とここ3年連続して連対している。

また、過去10年で本レースを2勝している騎手が2名いる。まず1人目はバトルクライに騎乗する戸崎圭太騎手だ。ただし、同騎手が関東馬に跨った時は、【0-0-0-4】なだけに今回は、見送るべきなのかもしれない。

もう1人は、リメイクに騎乗する福永祐一騎手だ。同コースの重賞レースで当日3番人気以内に騎乗した時の成績は、【3-0-0-1】と勝率75%に跳ね上がる。当日、リメイクが3番人気以内ならようなら警戒すべきだろう。

マーメイドステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

◆【追い切り診断】ソフトフルートを上回る最高評価「S」 「狂いのない絶好の状態」で目標の一戦へ

◆【追い切り診断】力上位の人気一角に「A」評価 「前走より確実にいい状態」

◆【追い切り診断】実績上位のクラヴェルに「B」評価 肉体面は問題なそうも「万全とは言い難い」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 斤量を味方に重賞初制覇へ

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「今回の臨戦過程には一抹の不安」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角は「馬券内率8割超え」

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

◆【騎手データ】スルーセブンシーズに黄信号 頭にすべき「勝率6割超え」の人馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソフトフルートは2枠3番、人気馬に勝率0%の“試練”

◆【血統傾向】ハンデ×牝馬の波乱レースで狙う、単回収値「300」の穴配合

◆【脚質傾向】「上がり最速」が好成績 阪神2000mでの実績に注目

◆【前走ローテ】過去10年で5勝のパールS組は不在 注目すべきは3勝クラス

◆【人気傾向】1人気が勝ちきれないハンデ重賞 混戦レースはオッズに注目

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします