【マーメイドS/データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

前編ではマリアエレーナソフトフルートのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【マーメイドステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

【マーメイドS/穴ライズ】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

■データが導く2022マーメイドSの穴馬候補は

<穴候補1 ラヴユーライヴ>

リアルスティール、ラヴズオンリーユーといったGI馬の妹にあたる同馬。その2頭との比較で出世街道に乗り遅れている印象は否めないが、本レースがひとつのきっかけになるかもしれない。武器となるデータはこちら。

・中2カ月以上の休み明け成績【2-1-1-0】

叩き出した馬券内率は100%。冬競馬以来の実戦復帰だが、昨年・一昨年と暑い時季を勝っているだけに季節替わりはむしろ歓迎のクチと言えるだろう。開幕週の芝状態を鑑みたとき、1年以内にマイル戦で1分32秒台の好時計勝利がある点は大きなアドバンテージ。穴妙味ある1頭と言える。

<穴候補2 ウインマイティー>

オークス以降、一度も馬券内なし。不振が続く近走だが、この馬にも追い風となるデータはある。

・新馬戦を含めた叩き3戦目の成績【2-0-0-1】

近2走は先行策で刺激を与える競馬。オープンクラスでの好走歴がある牡馬相手に4着の前走内容は決して悪くないだろう。叩き3戦目で阪神芝2000mへの参戦は忘れな草賞勝利時と同じ。侮れない。

▼その他、データ予想
◆【マーメイドステークス2022予想/データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角は「馬券内率8割超え」

【マーメイドS/データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角に「馬券内率8割超え」

マーメイドステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

◆【追い切り診断】ソフトフルートを上回る最高評価「S」 「狂いのない絶好の状態」で目標の一戦へ

◆【追い切り診断】力上位の人気一角に「A」評価 「前走より確実にいい状態」

◆【追い切り診断】実績上位のクラヴェルに「B」評価 肉体面は問題なそうも「万全とは言い難い」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 斤量を味方に重賞初制覇へ

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「今回の臨戦過程には一抹の不安」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソフトフルートは2枠3番、人気馬に勝率0%の“試練”

◆【血統傾向】ハンデ×牝馬の波乱レースで狙う、単回収値「300」の穴配合

◆【脚質傾向】「上がり最速」が好成績 阪神2000mでの実績に注目

◆【前走ローテ】過去10年で5勝のパールS組は不在 注目すべきは3勝クラス

◆【人気傾向】1人気が勝ちきれないハンデ重賞 混戦レースはオッズに注目

ユニコーンステークス2022 データコラム一覧

◆【ユニコーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022マーメイドステークス-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします