【マーメイドS/追い切り診断】力上位の人気一角に「A」評価 「前走より確実にいい状態」

■ソフトフルート

【中間調整】一昨年の秋華賞で3着、昨年のエリザベス女王杯で4着と重賞タイトルこそないものの、ここに入れば力上位なのは疑いようがない。どこかで1回使ってマーメイドSへ、というのが当初からの路線だったよう。中8週だった前走・都大路Sで4着とまずまずの滑り出しを見せ、その後は在厩で調整。5月29日に坂路14-14の初時計を出し、以降は坂路とコースを併用するいつも通りの調整過程で来ている。1週前追いには川田騎手が騎乗し、ピタッと折り合う動きを披露。

◆【マーメイドステークス2022予想/追い切り診断】実績上位のクラヴェルに「B」評価 肉体面は問題なそうも「万全とは言い難い」

【マーメイドS/追い切り診断】実績上位のクラヴェルに「B」評価 肉体面は問題なそうも「万全とは言い難い」

【最終追い切り】団野騎手が騎乗し、CWで併せ馬。直線に入って鞍上が見せムチで仕掛けるとスムーズに加速し、目標としたオープン馬トリプルエースをなんなくパス。抜け出してフワッとしたところで鞍上がしっかり気合いを再注入すると、いい加速を見せた。

【見解】気持ちの面で若干だけブレがありそうだが、そこまで懸念する必要はないレベル。鞍上の指示にはしっかり応えようという雰囲気には好感。まだ良化の余地は残すものの、いかにも叩き台だった前走より確実にいい状態で走れそう。

総合評価「A」

◆【マーメイドステークス2022予想/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

【マーメイドS/追い切り診断】想定“下位人気”の爆穴に「A」の高評価 「攻め気配は申し分ない」

◆【マーメイドステークス2022予想/追い切り診断】ソフトフルートを上回る最高評価「S」 「狂いのない絶好の状態」で目標の一戦へ

【マーメイドS/追い切り診断】ソフトフルートを上回る最高評価「S」 「狂いのない絶好の状態」で目標の一戦へ

マーメイドステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 斤量を味方に重賞初制覇へ

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ2桁の惑星 「強烈な末脚」で波乱を演出か

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「下馬評ほど上位陣との差はない」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「今回の臨戦過程には一抹の不安」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角は「馬券内率8割超え」

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

◆【騎手データ】スルーセブンシーズに黄信号 頭にすべき「勝率6割超え」の人馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソフトフルートは2枠3番、人気馬に勝率0%の“試練”

◆【血統傾向】ハンデ×牝馬の波乱レースで狙う、単回収値「300」の穴配合

◆【脚質傾向】「上がり最速」が好成績 阪神2000mでの実績に注目

◆【前走ローテ】過去10年で5勝のパールS組は不在 注目すべきは3勝クラス

◆【人気傾向】1人気が勝ちきれないハンデ重賞 混戦レースはオッズに注目

ユニコーンステークス2022 データコラム一覧

◆【ユニコーンステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【ユニコーンステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします